海の豆知識Vol.55  

イラスト:藤棚を背景にクジラの親子

魚のことわざ-その51-

---クジラ---
 海とその生物にまつわる諺や格言についてお話ししましょう。
 今回は、クジラ(鯨、whale)です。クジラ目に属する水生の哺乳類の総称で、その形態からハクジラとヒゲクジラに大別され、世界で80数種いると言われています。ハクジラの中でも比較的小型の種類は、イルカと呼ばれます。
 クジラの名前の由来は古く、古事記に「久治良」、また、万葉集には「鯨魚」、「不知魚」などという白黒色の得体の知れない大きな生き物を指す名が登場しています。
 クジラの語源は、弔事等で用いる鯨幕の元になったように、体色に由来する説の他に、口が広いので「口広」が訛ったものとするものもあります。漢字では魚偏に大きな意味を表す「京」を付け、「鯨」と書きます。
 クジラの先祖は、かつて陸上で生活していたとされていますが、その後水中生活に適応し、優れた体温調節、潜水、摂食、授乳、睡眠などの能力を有する生き物に進化しました。
 日本でのクジラの利用は、食品はもちろん、工業品、工芸品、医薬品など多方面に及んできました。特に、鯨肉は江戸時代にも庶民の間ではたいへん人気がありました。
  水無月や鯛はあれども塩くじら   松尾芭蕉
  大名も切り売りを買う塩鯨   (誹風柳多留)

一頭の鯨で七浦賑わう
 一頭の鯨は七つの集落を潤おすこと。大きい獲物は巨利と経済的波及効果をもたらす。

イラスト:白魚を虫眼鏡で覗くクジラ鯨も魚、白魚も魚
 形の大小はあっても仲間に変わりはない。外見で軽重を判断したり、差別をしてはならないという教え。「鯨と鰯」と表面は似ているが、意味は正反対。四つ足禁制の時代、クジラを魚として抵抗なく食べたのであろう。

鯨の喉にも骨がたつ
 大きな鯨でも小さい魚の骨が刺さり苦しむということ。絶対に安全ということは有り得ないことのたとえ。

鯨飲馬食
 多量の飲食を一度にすること。鯨が水を飲むように大酒を飲み、馬が餌を食むようにたくさんの食物を食べることのたとえ。

 「現代おさかな事典」エヌ・ティー・エス、二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

大型魚の好む水温~野外実験にて~(1)

 これまでに海生研では室内実験によって、30種類以上の魚の好む水温を調べてきました。これらの結果の一部は、海の豆知識Vol.1~4でも紹介されています。しかし、室内実験では扱える魚の大きさには限度があり、実際に漁獲される大きさ、例えばブリのような体長70cmもある大型魚を扱うことが困難でした。
 そこで大型魚の好む水温を調べるために、発電所放水口前面の温排水拡散域内に生簀を設置して、野外実験を行いました。直径12m、深さ8~9mの円形生簀を、海面から3~4m程度の厚さで温排水が流れる様な地点に設置しました。遊泳した水深とその水温を記録する機器を装着した魚を生簀内に入れ、魚が選ぶ水温を追跡しました。この様な実験を水温の異なる時期に行い、魚の好む温度を調べました。
 次回、ブリの結果をお見せしましょう。

(事務局研究調査グループ 山田 裕)


発電所放水口前面に設置した生簀(左)と
魚の背中に装着した測定機器(赤矢印の先;右)


バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。