海の豆知識Vol.3  

イラスト:イワシの夫婦が満開の桜の木の下で、ごちそうとお酒でお花見を楽しんでいます

魚のことわざ-その2-

---イワシ---
 海とその生物にまつわる諺や格言についてお話ししましょう。
 今回のテーマはイワシです。ウルメイワシとマイワシとカタクチイワシを総称してイワシ類と言います。
 呼び名の由来としては弱し(ヨワシ)と賎し(イヤシ)からきたという2つの説が有力です。

鰯の頭も信心から
 エセ宗教を信ずる人に対して皮肉たっぷりな警告、ではなく、「白紙も信心次第」ということ。また、「鰯の頭」はつまらないものの筆頭として、よく引き合いに出されるので、信仰心が不思議な力を持つことにいう。
 節分に柊の枝にイワシ(その昔はボラ)の頭を刺して門口に置き、悪鬼を追い払う追儺の儀式をしたことから、イワシが例えに引き出されたものだろうか。「鰯の頭にも理屈が付く」ともいう。 エセ宗教を信ずる人に対して皮肉たっぷりな警告、ではなく、「白紙も信心次第」ということ。また、「鰯の頭」はつまらないものの筆頭として、よく引き合いに出されるので、信仰心が不思議な力を持つことにいう。
 節分に柊(ひいらぎ)の枝にイワシ(その昔はボラ)の頭を刺して門口に置き、悪鬼を追い払う追儺(ついな)の儀式をしたことから、イワシが例えに引き出されたものだろうか。「鰯の頭にも理屈が付く」ともいう。

鰯で精進落ち
 折角の精進明けを、イワシのような下等な魚で祝うのはがっかりする、ということから、長い間耐えてきた気持ちが報われないことの例え。また、魚肉を食べないという精進戒律を下魚のイワシで破ることから、つまらないことでそれまでの努力が無駄になる例え。

イラスト:鯨を網でかついでいる夢を見ているイワシ鰯網で鯨捕る
 「鰯網に鯨」。思いもよらない獲物にありつくことの例え。「鰯網で鯨の大功」ともいう。また、鰯網でクジラの漁れるはずがないことから、“あるはずがない”ことの意にも用いられる。





鰯は一代のうちに二度と豊漁にぶつかることはない
 マイワシは、数十年に一度しか豊漁期が巡って来ない、といういい伝え。数十年から長くて十年の豊漁期がすぎると、次の豊漁の山が来るまで四、五十年かかる。昭和56年の漁獲量は*320万トンで、漁業史上例のない大々漁。その前のピークは同11年の160万トンで、同6年~14年にわたって豊漁は9年間続いた。
*現在までの最大漁獲量は昭和63年の約449万トン(農林水産省データより)

二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

魚の好む水温-その3-

 海生研で主な沿岸性魚類を用いて飼育実験したところ、種類によって好む水温(最終選好温度)が異なることがわかりました。
 主として温水域に生息する魚のうちメバル、クロソイ、シマアジは20~24℃付近を、マダイ、シロギスは25℃付近を、暖流域に生息するイシダイ、イサキ、ブリでは26~28℃付近を、ハマフエフキ、コトヒキ、キチヌは28~32℃付近を好むことがわかりました。

図:縦軸に温度(℃)を目盛り、低い方から高い方へ、メバル・クロイソ、シマアジ、マダイ・シロギス、イシダイ・イサキ・ブリ、ハマフエフキ、コトヒキ・キチヌの順でイラストが配されています
バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。