海の豆知識Vol.14  

イラスト:ボラが、大きなボラの雪の彫刻を作りました

魚のことわざ-その13-

---ボラ---
 海とその生物にまつわる諺や格言についてお話しましょう。
今回のテーマはボラです。
 ボラは、川、沿岸などの人々の身近を遊泳することから、古くから親しまれ、成長につれて名前が変わる出世魚としても知られております。外洋を遊泳する大型魚ではくさみも抜け、寒鰤寒鰡寒鰈と言われるように、寒が旬の魚です。珍味として名高い唐墨は、ボラの卵巣の塩干加工品です。

鯔背(いなせ)
イラスト:魚をさばいている江戸時代の魚屋の髷が、ボラの背びれに似ています イナはボラの幼魚。子供なるが故に元気がいい。魚河岸の若い衆はイナ以上に元気溌剌で勇み肌。その若い衆がイナの背に似せて結った髷の「鯔背銀杏」から出た言葉で、略して「鯔背」。粋で気っ風のいいことや容姿などに例えていう。

潮先の鯔
 飛び上がっている、ということの洒落。飛び上がる=突飛な行動をすること。潮が差して来るとき、イナが水面に跳ねることからの言葉。

鯔の頭三合飯
 魚の頭の部分は、身は少ないもののしゃぶり甲斐のある旨いところ。イナの頭があれば、それだけで沢山のご飯が食べられる、という形容。

とどのつまり
 色々やったり煎じ詰めていったりした最後のところ。多くは平凡な結果、不首尾、若しくは否定的結果に用いる言葉。出世魚として、ハク→オボコ→スバシリ→ナヨシ→イナ→ボラ→トドなどと名前が変わるボラに語源がある。

二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

貝類の温度耐性<4>

 海生研では、貝類について様々な試験研究を行っています。砂浜に生息するアサリや、浅い海で岩などに付着して生活するマガキなどの二枚貝は、環境変化の影響を受けやすい生物の一つと考えられます。
 図は、アサリとマガキの浮遊幼生の温度耐性を比較したものです。横軸は高温に触れている時間、縦軸は半数が死亡する温度です。本州中部海域では、アサリは春と秋に産卵し、マガキは夏に産卵します。水温の高い時期に産まれるマガキ浮遊幼生の方が、アサリより高温に強いことがわかりました。

グラフ:縦軸に半数致死温度(℃)、横軸に接触時間(分)。アサリ浮遊幼生とマガキ浮遊幼生の温度耐性が比較されています
バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。