海の豆知識Vol.31  

イラスト:アイナメと菜の花畑を飛び交うモンシロチョウ

魚のことわざ-その29-

---アイナメ---
 海とその生物にまつわる諺や格言についてお話ししましょう。
 今回のテーマは、あいなめ(カサゴ目アイナメ科アイナメ属)です。
 アイナメは漢字で鮎魚女、鮎並、愛魚女、愛な女などと書かれ、英名はGreenlingです。
 また、地方名は様々あり、アブラコ(北海道)、ネウ・ネウオ・シンジョ(東北各地)、アイナ・エイナ(茨城)、ベロ(静岡)、シジュウ(北陸)、アブラメ(関西以西)、ナメイオ・コモズミ(三重)、モズ(中国地方)、モミダネウシナイ(愛媛)、ヤスリ(長崎)などと呼ばれています。
 アイナメは岸からそれほど遠くなく、比較的水深の浅い藻場や岩場に棲み付いているため、昔からよく釣られ、食され、親しまれてきました。そのため各所でさまざまな呼び方をしています。その姿形や行動が鮎に似ていたり、鮎のように縄張りを持つことから、“鮎のような魚”という意味で「鮎魚女」と呼ばれたり、体が脂っぽいところから「アブラメ」などとも呼ばれています。
 体は紡錘形でやや側扁し、全長40㎝に達します。体色は、普通は茶褐色、暗緑色、灰色のまだら模様ですが、産卵期の雄は鮮黄色となります。主な漁法は、刺し網や小型底曳き網などで、周年漁獲されます。また、遊漁対象としても人気が高く、磯釣りや船釣りが行われています。
 早春や産卵期の秋から初冬にかけてが盛漁期ですが、食べ頃は晩春から夏にかけてです。刺身はコリコリと弾力があり、塩焼き、煮付け、汁物などに加熱しても身は軟らかく、くせがありません。

イラスト:岩礁の海藻から釣り鉤を覗くアイナメ鮎並は根を釣れ
 アイナメは日本全国沿岸の海藻の多い岩礁地帯(根)に棲む魚。従って根掛かりして仕掛けを取られやすいが、それを怖れていたのでは釣果が上がらない。メバルにも同義語がある。

鮎並は追い食いを狙え
 アイナメは一度合わせ損なっても(抜き上げないで)そのまま30㎝くらい上げて再び誘うのが釣果を上げるコツ。餌が付いていれば、必ずまた飛び付いて来る。一度目のコツンは、餌をくわえたときのものだから、糸を少し送り込み次のゴツゴツという、魚信(あたり)を待つ。この糸を送り込んで「魚信を聴く」呼吸と、二度追いさせるのがこの釣りの釣り技。

二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

CO2が海洋生物におよぼす影響(1)

 大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が上昇することによって、地球の温暖化や、海洋の酸性化などが起こっていると言われています。このため、CO2濃度の上昇が海洋環境へ与える影響を予測する技術や対策技術が検討されています。海生研では、経済産業省の補助金を得て(財)地球環境産業技術研究機構が進めるプロジェクトの一環として、海水のCO2濃度の上昇が海洋生物におよぼす影響について研究を行っています。次回から、最近に得られた研究成果を紹介します。

(中央研究所 海洋生物グループ 吉川貴志)

海洋生物へのCO2の影響は?

バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。