海の豆知識Vol.17  

イラスト:カニが山で栗拾いをしています
魚のことわざ-その16-

---カニ---
 海とその生物にまつわる諺や格言についてお話しましょう。
今回のテーマはカニです。
 カニは、沢、磯、深海と広く分布し、ケガニ、ズワイガニ、ガザミなどのように美味で食用となる種もあり、諺や格言にも引用される身近な生き物です。

カニは食ってもガニ食うな
 ガニとはカニのエラの部分。トリの肺臓をドリというのと同じ。カニは旨いからといっても、エラのところは不潔。食べて食べられないことはないが、旨くはないし、普通は食べないことを例とする。カニも程々に食えの教え。

蟹の甲は魔除け
イラスト:門の両側に掛かっているカニの甲羅を見て、震え上がっている悪魔の影 「蟹の甲は魔除けになる」として、門戸に掛ける風習があった。カニの甲羅には、その種類により色々な厳めしい彫刻紋があることからであろうか。

蟹の死ばさみ
 「カニ」は一度挟んだら死んでも螯を開かない。転じて、執念深い・欲が深い例え。

蟹を食うなら手を汚せ
 食事には、それぞれのテーブルマナーがあるが、蟹は上品ぶって食べても旨くない。親譲りの五本箸が最高のフォーク。そして、様々な食べ方があるが、果物と一緒で手も味も加えず、そのままの味が最高。そして食べるときは「蟹現象」(カニを食べるときは、脚などを折ったり割ったり、肉をほじくるなどして食べることに追われ、会話がなくなって静まり返った状態をいう)で、ただ黙々とひたすらに食べる。

蟹の高這いは大雨になる
 普段は低地の砂地などにいるカニが、高い所や家の中に這い上がって来るのは大雨になって低地が水浸しになる前兆という。

二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

魚の受精卵の温度耐性(3)

 海生研では,魚類の様々な発育段階について生物影響試験を行っています。今回は,スズキ受精卵の温度耐性を調べた結果を紹介します。スズキは12~1月ごろにかけてたくさんの卵を産みます。それらの卵は孵化するまで海水中に浮遊しています。
 図は,受精後約4時間経過した頃から孵化直前までのスズキ受精卵の発生段階毎の温度耐性を示しています。このときの産卵水温は15℃です。横軸は受精後の経過時間,縦軸は15分間高温に接触した時に半数が死亡する温度です。受精直後が最も高温に弱く,ついで受精後40時間から70時間頃の卵内で魚の形ができあがっていく過程の発生段階が高温に弱いことがわかりました。

グラフ:縦軸に半数致死温度(℃)、横軸に受精後経過時間(時間)
バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。