海の豆知識Vol.25  

イラスト:いわし雲とコスモス畑を背景にカレイが楽しそうです。

魚のことわざ-その23-

---カレイ---
 海とその生物にまつわる諺や格言についてお話しましょう。
 今回のテーマは鰈(カレイ=カレイ目=カレイ科)です。
 英語ではFlatfishまたはFlounderと呼ばれる。一口にカレイと言っても世界に100種前後生息しており、日本近海には約40種のカレイが分布しています。Flatfishと言う名前の通り、カレイ類の体は楕円形で著しく側偏しており、一般に「左ヒラメに右カレイ」と言われ大部分のカレイは体の右側に両眼があります。カレイ類は普通海底の砂の中に潜っているので、主な漁法は底曳き網や刺し網で漁獲され、また遊漁対象として釣りで漁獲されています。
 主な利用方法としては、白身魚であり刺身や塩焼き、煮付け、唐揚げ、フライと幅広く親しまれています。

鰈の合わせは聴き合わせ
 「鰈は無精者の釣り」といわれて、早合わせでは釣れない。かといって放っておいたのでは餌が動かずカレイの食い気が悪く、釣れてもハリを飲み込まれて能率が悪い。そこで、時々糸を引いたり張ったりしてカレイの食欲を誘い魚信(アタリ)を確かめる。これを「聴く」という。

霜月マコ
イラスト:松やお城の石垣を背景にカレイが泳いでいます 11月、すなわち、冬の真子鰈のこと。東京湾では11月から翌春まで釣れ盛り、産卵のため浅場に寄って来るので「登りマコ」ともいう。大分県別府湾では、真子鰈のことを「城下鰈(シロシタカレイ)」と呼ぶ。日出(ひじ)の町の城跡の海に淡水の湧く所があり、ここに集まって来る真子鰈を特に美味とし、「城下鰈」と名付けて賞味する。

夏座敷と鰈は縁側がよい
 夏は暑いので座敷よりも、縁側の方が風通しがよく涼しくて上座に当たる。カレイの場合も、一般には真ん中の身(肉)を上等とするが、端にある縁側に当たるヒレの部分の方が味がよい、ということ。冷房設備や扇風機もなく、団扇が幅を利かせていた頃の諺であろう。

二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

魚の繁殖生態(2)

 マダイの繁殖行動をビデオカメラで調査しました。繁殖期になると、雌は桜色のままですが雄の体色は黒色化します。産卵時刻である夕方にかけて、黒色化は一段と強くなります。黒色の濃い個体が水槽内を上下左右活発に遊泳する様は、他の雄を威圧するとともに、自身が強い雄であることを雌にアピールしているようにも見えます。産卵行動は、雌1尾の放卵に対し複数の雄が一斉に放精するというものでした。ここで紹介した内容の映像は、海生研ホームページでご覧になることができます。

写真:水槽の中で手に乗せられた2尾のタイ

繁殖期のマダイ(上が雌、下が雄)

デジタル・アクアリアムへ
バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。