海の豆知識Vol.7  

イラスト:イカが、鯉のぼりを背景に折り紙の兜をかぶっています

魚のことわざ-その6-

---イカ---
 海とその生物にまつわる諺や格言についてお話しましょう。
今回のテーマはイカ(烏賊)類です。
 イカ類は世界の海洋に分布しており、およそ30科450種前後がすんでおります。特殊な種を除いてはコウイカ科、ジンドウイカ科(ヤリイカ類)、及びアカイカ科(スルメイカ類)の3科に別れ、主に蛋白食料資源として利用されています。

烏賊・鮹は中(あた)らない
 イカ・タコの類は少々イキが下がっても中毒しない、ということらしいが、その一方で、「烏賊は船の上で食べよ」ともいう。一般に小魚類は鮮度に比例して旨く、大型魚は獣肉同様、熟成したころにより旨くなる。すなわち、やや大型の魚は一晩くらいおいて死後硬直が過ぎてからがいい。死後硬直中は硬いばかりで甘味もない。これらは、刺身(生)で食べることを想定しているが、新鮮な大型魚は煮ても焼いても、さして旨くない。

梅雨時に雨の多い年は鮹、烏賊が少ない
イラスト:巻物を加えた忍者の格好でタイに化けようとすイカ タコ・イカが孵化するのは春。「鮹の真水嫌い」で、彼等の大敵は雨。梅雨に雨が多い年は、海水の塩分濃度が薄れ、稚鮹、稚烏賊が死んでしまって不漁となることが多い。一般的には「梅雨時に雨が多ければ好漁」<図説日本民俗学全集>、「水害のある年は鰯の豊漁」で、豊漁に恵まれることが多いが、タコ・イカは例外。

烏賊いっぱい鯛一尾
 熊本地方の漁師言葉。乗っ込み期(産卵期に深場から浅場に打ち寄せるように乗り込んで来る)の大鯛釣りに、活きたイカが最高の餌。だが皮肉なことに春・秋のタイの盛漁期にイカが思うように漁れず貴重品扱い。イカさえあれば大鯛が釣れる、イカがタイに化ける。「海老鯛」ならぬ「烏賊鯛」だが、地方によって餌は異なるもの。「いっぱい」は量ではなくイカを数える単位。一尾・一匹のこと。

いかさま
 釣りは餌を付けて釣るのがたて前。だがイカの場合、擬似バリ(角)を使い、如何にしてイカを釣るか。こうして釣れたイカは、イカ様さまというのでイカサマ<神奈川県地方の漁師言葉>。普通、“いかさま”は如何様物の略で「インチキ」をひねって読んだもの。頓馬をトンチキというのと同趣向。このチキは稚気の意とも受け取れる。一つの説として、イカの墨で証文を書いても一年経つと消えてしまうから、イカサマだ、ともあるが、これはイカサマ臭い。また、本来は如何様で、“どのよう”と状態・方法などについて疑問の意を表す言葉、とある一方で、詐欺のことともいう。すなわち、如何様師は詐欺師でもある。

二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

水温と海藻類の成長

 海生研では、海藻類に関する野外や室内における様々な試験研究を行っています。
 海藻類の多くは浅海域の海底や物体に固着して成長するため、地域的な環境変化の影響を受けやすい生物の一つと考えられます。
 図は浅海域で藻場(海中林)を構成する種類であるアラメとカジメの室内試験結果の一部です。発芽体を10~25℃の4段階で20日間培養した結果、15~20℃付近に成長の適温範囲があることがわかりました。

図:水温によって、成長の大きさが変わる様子が示されています
バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。