タイトル:1.調査研究の概要
 我が国の火力・原子力発電所のほとんどは海の近くに立地しています。発電用タービンを回した水蒸気を水に戻す復水器の冷却水として大量の海水を利用しています。冷却水は復水器を通過すると熱交換によって水温が上昇し、温排水として前面海域に戻されます。海生研では、取水による取り込み影響や温排水が及ぼす魚介藻類への影響を中心として、関連する沿岸域の環境問題にも取り組んでいます。

図版:陸地と海域を俯瞰したイラストに様々な調査研究の様子が描かれています。要所要所に1から6まで数字がふられて解説文に相対しています

1 水産物等の放射性物質測定を行っています。 2 現地調査とタイアップした生物実験を行っています。 3 文献や情報の収集と発信を行っています。
4 実験用生物の飼育繁殖を行っています。   5 発電所の海域環境・生物モニタリング調査結果の解析を行っています。   6 実際の温排水を用いて魚介藻類を長期飼育培養して成長や成熟について調べています。
6 微量化学物質の海生生物に対する影響を調べています。   6 発電所の取水による生物取り込み影響の実体解明や水産資源への影響評価などを行っています。   6 原子力発電所周辺海域や核燃料サイクル沖合海域の主要漁場における海産生物、海底土、海水に含まれる放射性核種濃度の調査研究などを行っています。
6 温排水周辺海域で魚を追跡したり、発電所前面に置いた生け簀を用いて温排水の大型魚類への影響を調べています。   6 発電所内の付着生物防止に関する技術の検討を行っています。   6 海域生態系アセスメントの調査手法の提案や予測手法の開発を行ってます。
6 藻類、底生動物に対する温排水の影響範囲や影響のメカニズムを解明しています。   6 海域の富栄養化や貧酸素、土砂流出などの問題に取り組んでいます。   6 地球温暖化による海水温上昇や海水中二酸化炭素、海洋酸性化についての調査研究に着手しています。