海の豆知識Vol.48  

イラスト:線香花火を見るシジミたち

魚のことわざ-その46-

---シジミ---
 今回は、シジミ(二枚貝綱異歯亜綱シジミ科に分類される二枚貝の総称。和名:蜆、英名:freshwater clam)をご紹介します。
 名前の由来は、貝殻の表面に横じわが多数あり縮んで見えることから、あるいは、煮ると身が縮むことから、「チジミ」が「シジミ」に転訛したとも言われます。
 また一説には、たくさん集まって生息していることから、「繁群れている貝」に由来するなど、諸説があります。
 日本に分布するシジミには、マシジミ(純淡水性)、ヤマトシジミ(汽水域性)、セタシジミ(淡水・汽水域性)の3種類があり、旬の季節は「寒蜆」(冬)、「土用蜆」(夏)などと呼ばれますが、季語は、最も美味とされているセタシジミの旬である春とされています。しかし、もとより何時の季節でも美味しいためか、「四時美」の字が当てられることもあります。
 江戸時代、「シジミ売り」は下町の庶民の風物詩であり、「貧乏暇なし蜆売り」というカルタ札も作られました。シジミは一般的には殻付きのまま売られ、味噌汁の具や、佃煮・時雨煮として食されることが多いものですが、各種の栄養面でも非常に優れており、また、オルニチンなど薬効も高く、文字どおり昔も今も庶民の健康、特に肝臓には正義の味方です。
 昨今では、この貝類が生息する水域環境の「浄化のバロメーター」としての役割も見出せます。

蜆貝で据え風呂の蓋をする
 到底できないことや、自分の力に余るような大仕事に立ち向かうことの例え。また、ない力を無理に振り絞って試みることの例えにもいう。

内蛤の外蜆
イラスト:薙刀を手に大酒を食らうハマグリの弁慶をあきれ顔で見守るシジミたち 自分の家の中では恐れるもの何一つない勢いで振る舞いながら、一旦外へ出るとからきし意気地がなくなる者をあざ笑っていう言葉。「内弁慶の外地蔵」ということ。

蜆貝で大海を掬う
 小さい物で大きな物を量る。到底できないことや、いくら努力しても無駄なことの例え。また、浅はかな知恵で大人物を評することにもいう。

土用の蜆は腹薬
 夏の土用の頃のシジミは卵を抱いて身が太り美味となる。シジミは脂肪が少なくグリコーゲンが多いので、肝臓(黄疸)に良いとされている。二日酔いにも有効であるらしい。

 金田禎之著「四季のさかな話題事典」東京堂出版、
二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

CO2が海洋生物に及ぼす影響(3)

 海の中で二酸化炭素(CO2)が増えると生物にはどのようなことが起きるのでしょうか。魚類の成長に着目して実験をしてみました。海水のCO2濃度を実験的に増加させた状態で、シロギスを5ヶ月間飼育してみました。通常の海水で飼育する水槽と、大気中CO2の約10倍濃度である0.4%のCO2を含む空気を海水に供給した水槽の2つを用意して、シロギスの大きさを毎月測定しました。はじめの3ヶ月は特に変化は見られませんでしたが、その後は2つの飼育群の間でシロギスの全長と体重に差が見られました。
1日や2日の実験ではわからない影響も、このように数カ月間という長期にわたって調べることにより判明することがあります。

(事務局 研究企画グループ 吉川貴志)

高CO2飼育によるシロギスの成長
(吉川(2004)より改変)
バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。