海の豆知識Vol.12  

イラスト:アジが、うちわ片手に座椅子に寝ころんでスイカを想像しています

魚のことわざ-その11-

---アジ---
 海とその生物にまつわる諺や格言についてお話しましょう。
今回のテーマはアジ(鯵)です。
 世界でアジ科の魚は140種ほど、日本では約50種が生息しています。
 「味とは、アジなり」といわれるように、この魚が語源になったといわれています。
 日本でアジといえばマアジをいい、日本の各地沿岸に分布し、沿岸から沖合にかけての中・底層域に群をつくり、薄明時から薄暮時までに活動する昼行性の魚です。
 イワシ、シラス、イカ、甲殻類などをよく食べます。

鯵はタタキに始まってタタキに終わる
 「鯵は生でよし、干してよし、焼いてよし、漬けてよし」。鮨も旨いがタタキが身上という。このタタキ、元を質せば漁師の船上即席料理で、「手こね鮨」に似たような由来。それだけに新鮮さが味を左右する。この言葉は「釣りは鮒に始まって鮒に終わる」をもじったものであろう。

鯵は棚を釣れ
 アジ釣りには重いオモリが有利。普通、アジの上層にサバがいて、オモリが軽いと餌がアジの棚に届く前にサバが横取りしてしまい、アジを釣りに行ったのに釣れるはサバばかり。重いオモリで一気にアジの棚に餌を落としてやるのがコツ。ということは、サバよりアジの方が魚格が上?

鯵ゃよかろ鯖腐れ
イラスト:仲間はずれにされ、泣いているアジ アジは要らない、サバも腐っているから欲しくない。転じて、どれもこれも駄目で、相手にする値打ちがないというあざけりの言葉<長崎地方の諺>。

夏の鯵で痩せっぽ
 痩せた人を例えていう。アジそのものは夏痩せしないが、夏になると小鯵が出回るからであろうか。「鯵は味」で一年中旨い魚。

二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

貝類の温度耐性<2>

 海生研では、貝類について様々な試験研究を行っています。浅い海で岩などに付着して生活するマガキやアコヤガイなどの二枚貝は、環境変化を受けやすい生物の一つと考えられます。
 図は、アコヤガイの高温に対する耐性を卵から殻長60mmの成貝まで調べた結果です。横軸は受精後の経過日数、縦軸は半数が死亡する温度です。受精後まもない卵の時期には高温に弱いこと、殻が形成されると高温に強くなりますが、発育が進むにつれて高温耐性が徐々に低下することがわかりました。

グラフ:縦軸に半数致死温度(℃)、横軸に受精後の経過日数
バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。