海の豆知識Vol.29  

イラスト:サメとドングリと落ち葉の秋の風景

魚のことわざ-その27-

---サメ---
 海とその生物にまつわる諺や格言についてお話しましょう。
 今回のテーマはサメ(軟骨魚類サメ類)です。映画「ジョーズ」に出てくる人食い鮫を思い浮かべる方もおられるかと思いますが、筋肉を刺身、湯引き、ステーキとして食べたり、蒲鉾原料としても優れています。また、鰭はフカヒレに、ビタミンAが豊富な肝臓は肝油や健康食品に、皮はわさび下ろし、財布などの革製品に利用されます。
 サメの呼び名は地方によって異なり、「サメ」と呼ぶのは関東以北の地方が多く、関西では「フカ」、山陰地方、特に出雲地方では「ワニ」と呼びます。昔話「因幡の白兎」に出てくる「ワニ」は、爬虫類の鰐ではなく、サメのことを表現しています。

イラスト:ウサギに抱きつかれ、迷惑顔のサメととぼけた顔のわに。

鮫がないと正月が来ない
 死ぬと尿素の分解で生成されるアンモニアにより腐敗が抑制される鮫は、冷蔵装置無しに2週間程度鮮度を保つことができるため、冷蔵装置が普及していない時代における山間地の住民にとって、鮫はとても重宝な魚であり、正月料理には欠かせなかった。
 東北地方ではサガンボと称して煮魚として賞味する。「鮫の煮こごり」は、ゼラチン質でコラーゲンが豊富である。

七皿食うて鮫臭い
 腹一杯食べた後で、不味いと文句をいうことである。サメには独特のアンモニア臭があるところから、サメが引用されたものと思われる。

親に似た鮫の子
 新潟地方の言葉。凡人の子はやはり凡人であるということ、才能や性格など何事も子は親に似るものであり、子は親の歩んだ道を行くものであるということのたとえ。自分や自分の身内についての謙遜した表現だから、他人に対しては用いない。「親に似た蛙の子」と同義語、「親に似た螺の子」(豊前宇佐地方の俚言)とか「親に似ぬ子は鬼子」ともいうから、現実には「鳶が鷹を生む」ことはないのであろう。

鱶ほど寝る
 鼾をかいてよく寝ることのさま。「鱶のよう」、「鯨のよう」ともいう。当人はいい気持ちかも知れないが、はた迷惑なこと。

鱶の寝食い
 「鱶ほど寝る」ということから、よく寝てよく食べることをいう。

二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

魚の繁殖生態(6)

 スズキの繁殖行動をビデオカメラで観察しました。産卵は毎日ではなく、期間をあけて1カ月間に数回行われました。産卵日が近くなると、雌のお腹は急激に大きくなりました。産卵時刻は多くの場合16から18時の間で、それまで1尾の雌を1~3尾の雄が追尾していました。産卵行動は、雌が旋回遊泳しながら水槽上層で先に放卵し、次いで追尾している雄が放精するというものでした。放卵を終えた直後の雌の腹部が、大きくへこんでいる様子が確認されました。ここで紹介した内容の映像は、海生研ホームページでご覧になることができます。

写真:雄が雌に追尾する様子と、抱卵後の雌のへこんだ腹部。

A:雄が雌の生殖孔を眺めるように追尾する様子、B:放卵前の雌の様子、C:放卵終了直後の雌の様子(矢印の先、腹部が大きくへこんでいます)

デジタル・アクアリアムへ
バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。