研究分野:電所取放水影響
タイトル 著者 資料名/会議名 巻号ページ
アラメEisenia bicyclisを摂餌したアイゴSiganus Fuscescensの成長. 磯野良介. 島隆夫. 渡邉幸彦. 長谷川一幸. 馬場将輔 2016 水産工学 52(3) : 185-187
A Subject of the Chlorine Management at a Thermal Power Plant on the Northwest Pacific Ocean in Japan. In: Ceccaldi H. J. et al. (eds) Iibuchi, T., Kobayashi, S., Nanjou, S., Satou, K., Hara, T., Kiyono, M. 2015 Marine Productivity: Perturbations and Resilience of Socio-ecosystems 391pp
5.温排水影響軽減対策. 原 猛也 2015 火力原子力発電 66(1) : 52-60
7.大量取水環境影響評価プロジェクト等. 原 猛也 2014 Sessile Organisms 31(2) : 36-37
2章 海水, 3章 海生生物, 4章 発電所海水設備の運用と管理, 5章 海生生物対策(防汚対策), 7章 環境への配慮の考え方, 8章 関係法令,9章 対策技術の実用事例と開発事例の紹介 分担執筆. 飯淵敏夫. 眞道幸司. 長谷川一幸. 原猛也. 渡邉幸彦, 他. 2014 発電所海水設備の汚損対策ハンドブック(火力原子力発電技術協会 編), 恒星社厚生閣  
海産動物の温度耐性に関する試験法の紹介 土田修二 2014 電気評論, 第99巻夏季増刊号 : 50-51
クラゲの来遊予測 青山善一 2014 電気評論 第99巻第9号 : 48-49
海藻類と温度 馬場将輔 2014 電気評論 第99巻第8号 : 48-49
温排水による水温上昇と魚類の分布・行動 三浦雅大 2014 電気評論 第99巻第7号 : 42-43
火力・原子力発電所の環境影響評価に係る海域生態系影響予測手順の提案 三浦正治, 山田 裕, 野村浩貴, 道津光生, 太田雅隆, 清野通康 2013 海生研研究報告 第17号:1-56.
Outline of regulations and research activities regarding thermal issues (once through cooling system of power plants) in Japan. Kiyono, M., Nomura, H., Miura, M. 2012 In "EPRI 2012 Technical Report: Third Thermal Ecology and Regulation Workshop Proceedings" (eds. Goldstein, R. et al.). EPRI, Palo Alto 4-1〜4-12.
解説 発電所取水設備の保守技術 原 猛也, 勝山一朗, 竹内成典, 船橋信之 2012 火力原子力発電 63(4): 279-283.
Accumulation of bromoform, a chlorination byproduct, by Japanese flounder, Paralichthys olivaceus Iibuchi, T., Hara, T., Tsuchida, S., Kobayashi, S., Katsuyama, I., Kobayashi, T. and Kiyono, M. 2011 Global Change: Mankind-Marine Environment Interactions, Proceedings of the 13th French-Japanese Oceanography Symposium pp.203-207.
オオバモクとウミトラノオの成長と生残に及ぼす温度の影響 馬場将輔 2011 海生研研究報告 第14号:1-8.
発電所取放水が大阪湾湾奥部における溶存酸素の移動に与える影響について 長谷川一幸, 清野通康, 横田瑞郎, 秋本 泰, 丸茂恵右,市川哲也,長谷川晃, 柳川竜一 2011 海生研研究報告 第14号:9-18.
ホンダワラ類8種の発芽体の高温耐性 馬場将輔 2011 海生研研究報告 第14号:25-28.
Effect of reducing effluent loads in Tokyo Bay on the improvement of water quality− 和田 明,長谷川一幸 2010 Asian Journal of Environment and Disaster Management 2(2): 1-16.
紅藻マクサの生育に及ぼす温度,光量,塩分の影響 馬場将輔 2010 海生研研究報告 第13号:61-74.
室内培養によるアラメ配偶体と幼胞子体の生育に及ぼす温度と光量の影響 馬場将輔 2010 海生研研究報告 第13号:75-82.
水産・海洋分野における電気利用技術の現状と課題-水産増養殖と発電所生物対策について-<上> 清野通康 2010 農業電化 63(1):8-12.
水産・海洋分野における電気利用技術の現状と課題-水産増養殖と発電所生物対策について-<下> 清野通康 2010 農業電化 63(2):16-18.
クロメの配偶体と幼胞子体の生育に及ぼす温度,光量,塩分の影響 馬場将輔 2009 Algal Resources (2):11-19.
発電所取放水量の変化が放水口周辺の溶存酸素量分布に与える影響について 長谷川一幸, 清野通康, 横田瑞郎, 秋本 泰, 丸茂恵右, 市川哲也, 長谷川晃一, 柳川竜一 2009 海洋開発論文集 25: 1281-1286.
現地観測と数値シミュレーション解析による大阪湾の湾奧部におけるDO分布特性の把握 長谷川一幸, 清野通康, 横田瑞郎, 秋本 泰, 丸茂恵右, 市川哲也, 長谷川晃一, 柳川竜一 2009 海洋調査技術 21(1): 1-12.
ふ化後発育に伴うスズキLateolabrax japonicusの高温耐性変化 吉川貴志,賀久基紀,瀬戸熊卓見, 木下秀明 2009 水産増殖 57(3): 405-409.
Bioaccumulation of tributyltin and triphenyltin compounds through the food web in deep offshore water Kono, K., Minami, T., Yamada, H., Tanaka, H. and Koyama, J. 2008 Coastal Marine Science 32(1):102-107.
新潟県産ワカメの生育に及ぼす温度,光量,塩分の影響 馬場将輔 2008 海生研研究報告 第11号:7-15.
Effect of feeding time, water temperature, feeding frequency and dietary composition on apparent nutrient digestibility in rainbow trout Oncorhynchus mykiss and common carp Cyprinus carpio Yamamoto, T., Shima, T., Furuita, H., Sugita, T. and Suzuki, N. 2007 Fisheries Science 73:161-170.
アオギス Sillago parvisquamis の初期発育段階における高温耐性 吉川貴志, 喜田 潤, 木下秀明, 瀬戸熊卓見, 伊元九弥, 松井誠一 2007 海生研研究報告 第10号:1-8.
ホンダワラ類8種の初期成長に及ぼす温度と光量の影響 馬場将輔 2007 海生研研究報告 第10号:9-20.
Thermal tolerance of a rainbow trout Oncorhynchus mykiss strain selected by high-temperature breeding Inoue, T., Tsuchida, S., Kanda, M. and Watabe, S. 2005 Fisheries Science 71:767-775
発電所の取水影響と付着生物 原 猛也, 山田 裕, 青山善一, 杉島英樹, 藤澤俊郎 2005 Sessile Organisms 22(2):35-45
二酸化塩素が海生生物に与える影響の予備的検討 原 猛也, 藤澤俊郎, 山田 裕, 青山善一, 杉島英樹, 小林 努 2005 海生研研究報告 第8号:11-17.
発電所冷却用海水の取水で取り込まれた生物量についての資源影響評価の試み 福島県沿岸域における事例 横田瑞郎 2005 海生研研究報告 第8号:19-41.
魚の好む温度 土田修二 2005 月刊アクアネット 12:46-49
燈火-漁場環境を考える- 温排水と沿岸海域環境 清野通康 2005 日本水産資源保護協会月報 (485):3-6.
付着生物対策と電気事業-対策を実施する立場からみた課題- 清野通康 2003 Sessile Organisms 20(1):11-13
九州西岸の火力発電所周辺海域における沿岸魚類の分布と放水口近傍の魚類群集の特徴 山本正之, 三浦雅大, 益原寛文, 余吾 豊, 遠藤康之 2003 海生研研究報告 第5号:1-12.
九州西岸の火力発電所周辺海域におけるギンガメアジの年齢―尾叉長組成の季節変化 三浦雅大, 山本正之, 益原寛文, 余吾 豊, 遠藤康之 2003 海生研研究報告 第5号:13-19.
不稔性アオサの成長と成熟に及ぼす温度、塩分、光強度の複合影響 岸田智穂, 馬場将輔 2003 海生研研究報告 第5号:21-26.
実験的手法による海生生物への発電所温排水影響研究の現況 濱田 稔, 土田修二 2003 矢作川研究 (6):159-168.
Implication of RNA splicing in heat stress responses and expression of a novel trypsin-like protease in the marine diatom Chaetoseros compressum Kinoshita, S. , Yamada, H., Hara, T., Itoh, Y. and Watabe, S. 2002 Fish. Sci.(Proceedings of International Commemorative Symposium 70th Aniversary of the Japanese Society of Fisheries Science) 68(Suppl.2):1052-1055
読者の疑問に答える 原子力発電所の温排水影響とは 城戸勝利 2002 エネルギーレビュー 2002(12):44-45.
沿岸性魚類の温度選好に関する実験的研究 土田修二 2002 海生研研究報告 第4号:11-66.
環境技術ノートNo72 発電所の取放水による海水交換の促進 須藤静夫 2002 電気評論 87(11):52-53
環境技術ノートNo73 フジツボ類の付着時期 その簡易推定法 青山善一 2002 電気評論 87(12):58-59
環境技術ノートNo65 魚の遊泳速度 伊藤康男 2002 電気評論 87(4):52-53
環境技術ノートNo66 海藻類の生育と水温 太田雅隆 2002 電気評論 87(5):64-66
環境技術ノートNo67 温排水に集まる魚を調べる 山本正之 2002 電気評論 87(6):50-51
環境技術ノートNo68 微小生物の冷却水路系通過に伴う影響 原 猛也 2002 電気評論 87(7):58-59
発電所取放水と海生生物の環境影響評価 小嶋純一 2002 平成14年度環境アセスメント部門別研修会テキスト(Ⅲ)自然環境(海域),(社)日本環境アセスメント協会 12pp.
A novel heat stress-responsive gene in the marine diatom Chaetoceros compressum encoding two types of transcripts, a trypsin-like protease and its related protein, by alternative RNA splicing Kinoshita, S., Kaneko, G., Lee, J. H., Kikuchi, K., Yamada, H., Hara, T., Itoh, Y. and Watabe, S. 2001 Eur. J. Biochem. 268:4599-4609
Changes in spawning characteristics of Japanese whiting Sillago japonica under control of temperature Hotta, K., Tamura, M., Watanabe, T., Nakamura, Y., Adachi, S. and Yamauchi, K. 2001 Fisheries Sciences 67:1111-1118.
室内培養下における紅藻ウップルイノリの温度依存性 馬場将輔, 山本正之, 辻 雅明 2001 海生研研究報告 第3号:39-52.
環境技術ノートNo63 発電所と漁場環境 会沢安志 2001 電気評論 86(11):56-57
環境技術ノートNo64 魚の好む温度 土田修二 2001 電気評論 86(12):48-49
海生生物の温度影響に関する文献調査 下茂 繁, 秋本 泰, 高浜 洋 2000 海生研研究報告 第2号:1-351.
二枚貝による海水濾過量の推定とそれにおよぼす温度影響の種間比較 磯野良介, 中村義治 2000 水環境学会誌 23:683-689.
ヒラメの成熟,産卵に対する環境条件の影響-水温,日長,水槽の大きさ- 岩田仲弘, 古田岳志, 菊池弘太郎, 瀬戸熊卓見, 喜田 潤 2000 電力中央研究所研究報告 (U00003):1-19.
Differential expression of mRNAs in the marine diatom Chaetoceros compressum exposed to high temperatures Kinoshita, S., Kikuchi, K., Yamada, H., Hara, T., Itoh, Y., Kinoshita, H. and Watabe, S. 1998 Fisheries Science 64(5):831-835.
アサリの成長と酸素消費量におよぼす高温の影響 磯野良介, 喜田 潤, 岸田智穂 1998 日本水産学会誌 64(3):373-376
温排水 原 猛也 1998 平野敏行監修 沿岸の環境圏. フジテクノシステム刊 489-494.
マアジ幼魚の選好温度に及ぼす絶食の影響 土田修二, 石塚博一 1997 水産増殖 45(1):97-101.
ニシン幼魚の選好温度と温度耐性 土田修二, 田端重夫 1997 東海大学海洋学部紀要 (43):117-129.
沿岸性魚類の温度選好に関する実験的研究 土田修二 1997 東海大学大学院博士論文 143pp.
イシダイの成長に伴う選好温度の変化 土田修二, 田端重夫 1997 日本水産学会誌 63(1):64-69.
クロソイ幼魚の温度反応 土田修二, 瀬戸熊卓見 1997 日本水産学会誌 63(3):317-325.
Temperature preference and tolerance, and oxygen consumption of the marbled rockfish, Sebastiscus marmoratus Kita, J., Tsuchida, S. and Setoguma, T. 1996 Mar. Biol. 125(3): 467-471.
The relationship between upper temperature tolerance and final preferendum of Japanese marine fish Tsuchida, S. 1995 J. Therm. Biol. 20(1/2): 35-41.
沿岸域における合理的なモニタリング調査のためのデータ解析例 飯淵敏夫, 藤井誠二, 浅野一郎 1994 沿岸海洋研究ノート 31(2): 195-204.
VI-6 温排水.日本水産学会出版委員会編 現代の水産学 原 猛也, 能勢健嗣 1994 恒星社厚生閣 東京 p.264-270.
Experimental study on acute effects of the combined exposure to temperature increase and chlorination upon the marine copepod Acartia omorii Marumo, K., Sato, F. and Ishikawa, Y. 1992 Mar. Biol. 144(2): 235-240.
Effect of diel temperature alternations on specific growth of red sea bream Watanabe, Y. 1992 Oceanis 18(1): 133-140.
九州北西岸の小湾に面した発電所の取水による海水交換促進 須藤静夫, 高月邦夫 1992 海生研研究報告 (92302): 1-43.
Propagation of semi-diurnal internal tides observed off Fukushima, along the east coast of Japan Matsuno, T. 1991 J. Oceanogr. Soc. Jpn. 47(4): 138-151.
Effects of water temperature on the growth of red alga Porphyra yezoensis form, narawaensis (Nori) cultivated in an outdoor raceway tank Yamamoto, M., Watanabe, Y., and Kinoshita, H. 1991 Nippon Suisan Gakkaishi 57(12): 2211-2217.
新型垂直温度勾配反応試験装置の構造と性能 土田修二, 深滝 弘 1991 海生研研究報告 (91201): 1-20.
イシダイ1年魚の選好温度と高温耐性 土田修二, 渡辺幸彦, 鈴木繁美 1991 海生研研究報告 (91202): 1-24.
クロアワビの卵および浮遊幼生の高温耐性 岡村武志 1990 海生研研究報告 (90201): 1-38.
航空機による赤外線温度測定の精度とシートルースの手法 須藤静夫 1990 海生研研究報告 (90301): 1-18.
Numerical study of the behavior of heated water discharged into the ocean Part 2: Parameter dependence Matsuno, T., and Nagata, Y. 1989 J. Oceanogr. Soc. Jpn. 45(1): 34-44.
ウバガイの卵および浮遊幼生の高温耐性 木下秀明 1989 水産増殖 37(1): 9-14.
マダイ卵の高温耐性 木下秀明, 道津光生 1989 水産増殖 37(1): 15-20.
スズキ卵の高温耐性 木下秀明, 道津光生 1989 水産増殖 37(1): 21-26.
Temperature preference of immature horse mackerel, Trachurus japonicus, in a vertical temperature gradient In:Sindermann, C. J.(ed), Environmental quality and aquaculture systems Furukawa, A., Fukataki, H. and Tsuchida, S. 1988 NOAA Tech. Rep. (NMFS 69), pp.19-23.
ハマグリの卵・幼生および稚貝の高温耐性 道津光生, 木下秀明 1988 海生研研究報告 (88201): 1-23.
アラメ・カジメの配偶体の生長と成熟ならびに幼胞子体の生長に及ぼす水温の影響 太田雅隆 1988 海生研研究報告 (88202): 1-29.
アコヤガイの卵・浮遊幼生・付着稚貝の高温耐性 岡村武志, 中村幸雄 1988 海生研研究報告 (88203): 1-32.
アコヤガイの稚貝・幼貝・成貝の高温耐性 渡辺幸彦 1988 海生研研究報告 (88203): 33-71.
Numerical study of the behavior of heated water discharged into ocean Part I: The effect of earth's rotation Matsuno, T., and Nagata, Y. 1987 J. Oceanogr. Soc. Jpn. 43(5): 295-308.
Thermal tolerance in early life stages of bibalvia, with special emphasis on eggs and larvae of the Japanese oyster Kinoshita, H. 1985 Coll. France-Japon. Oceanogr. Marseille 1985.  
メカイアワビの卵に及ぼす温度の影響 道津光生, 木下秀明 1985 海生研研究報告 (85201): 1-16.
シロギス幼魚の成長と酸素消費量に及ぼす水温の影響 城戸勝利, 木下秀明 1985 海生研研究報告 (85202): 1-20.
マガキの卵及び浮遊幼生の高温耐性 木下秀明 1985 海生研研究報告 (85203): 1-43.
アサリの卵・浮遊幼生・稚貝の高温耐性 木下秀明 1985 海生研研究報告 (85204): 1-38.
スケトウダラ資源に及ぼす発電所取放水影響の予測 深滝 弘 1983 海生研研究報告 (83101): 1-54.
温度生理からみた温排水養魚の再検討(上) 古川 厚 1983 水産の研究 2(3): 59-61.
温度生理からみた温排水養魚の再検討(下) 古川 厚 1983 水産の研究 2(4): 87-90.
アオリイカの卵及び孵化幼生の高温耐性 木下秀明 1982 海生研研究報告 (82201): 1-30.

▲ページトップへ