海の豆知識Vol.4  

イラスト:カツオが2尾、汗をかきながら威勢良くお神輿を担いでいます

魚のことわざ-その3-

---カツオ---
 海とその生物にまつわる諺や格言についてお話ししましょう。
今回のテーマは鰹(カツオ=スズキ目サバ科スマ属 カツオ、スマ)です。一般にカツオという場合は、地方名でのマガツオやホンガツオを言いますが、日本ではこのほかにソウダガツオ、スマ(ヤイト)、ハガツオを含める時もあります。
 カツオの名称は鮮度が急激に悪くなるので乾燥して食べたり、火を通して調理すると肉質が硬くなるところから、堅魚(カタウオ)と呼ばれたのがなまったという説があります。

カツオはめでたい魚
 カツオが縁起物とする習わしは、戦国時代にさかのぼります。天文6年の夏、相模の国の北条氏綱(ほうじょううじつな)が、小田原沖で釣り見物をしていると舟に一尾のカツオが跳び込んできた。これを見て、「戦に勝つ魚」が舞い込んできたと大いに喜んだという。
 それ以降、出陣の折には必ず「勝男武士(かつおぶし)」を引き出物としたと言われています。

江戸の初ガツオ
 江戸から比較的近い小田原沖や鎌倉沖に漁場が形成されたため、鮮度良好なカツオを江戸に持ち込むことが可能でした。特に、初物を食べると寿命が75日延びると信じられていました。釣り帰りの漁船を三浦三崎で待ち受け、速船で江戸まで運んだと言われています。

鰹に向こう向かれたら、三段目の力士でもこちらを向かせられない
イラスト:カツオと綱引きをしている相撲取りが負けそうになっています 普通にみられる鰹は3~5キログラム。軽いようだが、このくらいの重さのものを一気に釣り上げるのは至難の業。鰹の一本釣りは一気に抜き上げるが、頭が釣り人の方に向いていればこその話で、釣り手がまごまごしていて鰹に“あっち向いてほい”とでもやられたら、プロの漁師でもどうにもならず、三段目クラスの相撲取りの力をもってしてもお手上げという。


鰹に酔う
 サバ同様、「鰹の生き腐れ」といわれるカツオは、「初松魚(ハツガツオ)飛ぶや江戸日本橋」と鮮度が身上、急いで売りさばかれたが、冷蔵庫がなく氷も不十分な江戸時代、やや古くなったカツオの刺身で中毒した例も多かったという。しかし、その症状は軽く、頭痛や顔が赤くなる程度。そこで「鰹に酔う」。

二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

魚の好む水温-その4-

 海生研でイシダイを用いて実験したところ、成長段階により好む水温(選好温度)が異なることがわかりました。
 2~8カ月齢の間では選好温度が成長に伴って低下する傾向が認められたのに対し、8~14カ月齢の間では選好温度が25~26℃の範囲にあってほぼ一定していることがわかりました。

図:縦軸に温度(℃)、低い方から高い方へ、8ヵ月齢―11.2センチ、11ヵ月齢―12.5センチ、14ヵ月齢―14.9センチ、3ヵ月齢―7.6センチ、2ヵ月齢―3.3センチのイシダイのイラストが大きさを変えて配されています
バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。