海の豆知識Vol.11  

イラスト:満開の桜並木の向こうに小学校の校舎、タイの親子が連れだって入学式に向かうところです

魚のことわざ-その10-

---タイ---
 海とその生物にまつわる諺や格言についてお話しましょう。
今回のテーマは、タイ(鯛)です。我が国は多種多様な水産物に恵まれておりますが、中でもタイは姿・色が美しく味も良いので、海魚の王として親しまれています。
 特に春の産卵期前には、「桜鯛」として賞味されております。

腐っても鯛
 「千切れても錦、腐っても鯛」。タイは色・形・味の三拍子揃った、日本の魚類の王。だから多少腐ってもタイはタイで、矢張り価値がある。転じて、本来優れた価値を持っているものは、例え悪条件や逆境に立たされても、その本質は失わないことの例え。

鯛も独りは旨からず
 どんなご馳走でもポツネンと食べたのでは旨くない。料理は大勢で雰囲気を楽しみながら味わうもの。また「料理は器が食わせる」ともいう。ご馳走を食べる場合は、それ相当の舞台装置が必要ということ。

鯛の三つ道具
 タイの頭部にある三つの骨の異称。それぞれが三つの農具、すなわち、鍬・鋤・鎌の形に似ているので、この名がある。「鯛を食べるとき、鋤鎌が入っていた人は良いことがある」ともいう。タイを取り分けて食べるとき「鯛の三つ道具」が入っていた人には吉事がある、という俗説。

イラスト:日暮れ時、屋根の上で鳴くニワトリのシルエット、涙するタイ宵鶏うたえば亭主の喜び鯛の災難
 鶏が宵鳴きするようなら天気が静穏で潮の具合もよく、タイが豊漁で釣り人や漁師にとって喜ばしいこと。しかしタイにしてみればとんだ災難ということになり、一方がよければ他方が悪いということ。

鯛も鮃も食うた者が知る
 タイでもヒラメでも、実際にそれを食べた者だけがその味を知る。幾ら話を聞き書物を読んだところで、実際に経験してみないことには、知ったことにはならない、という例え。「絵に描いた餅」では食べようがない。「百聞は一見に如かず」ということ。

二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

貝類の温度耐性<1>

 海生研では、貝類について様々な試験研究を行っています。砂浜に生息するアサリやハマグリなどの二枚貝は、環境変化を受けやすい生物の一つと考えられます。
 図は、ハマグリの卵と稚貝の温度耐性を調べた結果です。横軸は高温に触れている時間、縦軸は半数が死亡する温度です。死亡する温度は高温に触れている時間が長いほど低下すること、受精後まもない卵の時期が高温に弱いことがわかりました。

グラフ:縦軸に50%致死温度(℃)、横軸に接触時間(分)
バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。