海の豆知識Vol.46  

イラスト:雪山をバックにスノーボードで豪快に宙返りをするフグ

魚のことわざ-その44-

---フグ---
 今回は、フグ(河豚、布久。フグ目フグ科トラフグ属およびその近縁種に対する総称)。
 英名ではPuffer、またはPuffer fishと呼ばれます。
 日本には50種前後が分布します。頭が大きく体は円い。フグ類は胃部に膨張嚢と呼ばれる特殊な袋を持ち、これに水や空気を入れることよって、からだを大きく膨らませることができます。フグ類の多くは美味であることから水産上の重要種になっており、刺身やちり鍋、ひれ酒などにされます。しかし、ほとんどのフグはテトロドトキシンと呼ばれるアルカロイド系の大変強い神経毒を持っています。人命にかかわる強力な毒物なだけに、調理は専門家に任せなければいけません。
 主な漁法は、フグ延縄や定置網、底曳き網などで漁獲されます。近年は小割生簀で養殖も行われており、1.5~2年の養成で、ほとんど活魚として出荷されています。

河豚のようにふくれる
 フグは身に危険が迫ると水(空気)を吸い込んで体を大きく見せ、相手を威嚇するが、そのさまは、どう見てもいい格好ではない。若い娘などがきげんを損ねてプウッーとふくれた状態をいう。しかし、魚族はフグに毒のあることを承知していて避けて通り、ふくれなくともフグは食われることはないようで、天敵は人間だけである。

河豚に越すものなし
イラスト:口にサーベルをくわえドクロの椅子にふんぞり返る海賊の格好をしたフグ 「その味死に値す」。魚の味ではフグの右に出るものはないということ。

河豚は食いたし命は惜しし
 「蜜は甘いが蜂が刺す」。利益も欲しいが損失も恐ろしくて手を出しかね、物事が両立しないことの例え。

河豚下げて井戸のぞく子を叱りつけ
 他人を戒めるばかりで、自分のことは棚に上げていることの例え。井戸をのぞくよりフグを食う方が危険が大きい、という発想から出た言葉。

 「現代おさかな事典」エヌ・ティー・エス、
二階堂清風編著「釣りと魚のことわざ辞典」東京堂出版より転載。

CO2が海洋生物におよぼす影響(1)

 クラゲ類は世界中に分布し、海の表層から深海に至るまで広く存在が確認されています。しかしクラゲ類に対するCO2の影響については知られていませんでした。過去に実験を実施したマダイやシロギスの卵や稚魚では、5%のCO2を含むガスで平衡させた海水(通常海水の120倍以上のCO2濃度)の中に入れると、24時間以内に半数以上が死亡することが分かっていましたが、ミズクラゲのエフィラ幼生では96時間経過してもすべての実験個体が生き残っていました。ミズクラゲは温度変化や低酸素にも強いと言われますが、このようにCO2に対しても、非常に高い耐性を持つ種であることが分かりました。

(事務局 研究企画グループ 吉川貴志)

ミズクラゲのエフィラ幼生
(大きさ約2mm)
バックナンバーをご覧ください
海の豆知識Vol.1へ
海の豆知識Vol.2へ
海の豆知識Vol.3へ
海の豆知識Vol.4へ
海の豆知識Vol.5へ
海の豆知識Vol.6へ
海の豆知識Vol.7へ
海の豆知識Vol.8へ
海の豆知識Vol.9へ
海の豆知識Vol.10へ
海の豆知識Vol.11へ
海の豆知識Vol.12へ
海の豆知識Vol.13へ
海の豆知識Vol.14へ
海の豆知識Vol.15へ
海の豆知識Vol.16へ
海の豆知識Vol.17へ
海の豆知識Vol.18へ
海の豆知識Vol.19へ
海の豆知識Vol.20へ
海の豆知識Vol.21へ
海の豆知識Vol.22へ
海の豆知識Vol.23へ
海の豆知識Vol.24へ
海の豆知識Vol.25へ
海の豆知識Vol.26へ
海の豆知識特別号へ
海の豆知識Vol.27へ
海の豆知識Vol.28へ
海の豆知識Vol.29へ
海の豆知識Vol.30へ
海の豆知識Vol.31へ
海の豆知識Vol.32へ
海の豆知識Vol.33へ
海の豆知識Vol.34へ
海の豆知識Vol.35へ
海の豆知識Vol.36へ
海の豆知識Vol.37へ
海の豆知識Vol.38へ
海の豆知識Vol.39へ
海の豆知識Vol.40へ
海の豆知識Vol.41へ
海の豆知識Vol.42へ
海の豆知識Vol.43へ
海の豆知識Vol.44へ
海の豆知識Vol.45へ
海の豆知識Vol.46へ
海の豆知識Vol.47へ
海の豆知識Vol.48へ
海の豆知識Vol.49へ
海の豆知識Vol.50へ
海の豆知識Vol.51へ
海の豆知識Vol.52へ
海の豆知識Vol.53へ
海の豆知識Vol.54へ
海の豆知識Vol.55へ
海の豆知識Vol.56へ
海の豆知識Vol.57へ
海の豆知識Vol.58へ
海の豆知識Vol.59へ
海の豆知識Vol.60へ
海の豆知識Vol.61へ
海の豆知識Vol.62へ
海の豆知識Vol.63へ
海の豆知識Vol.64へ
海の豆知識Vol.65へ
海の豆知識Vol.66へ
海の豆知識Vol.67へ
海の豆知識Vol.68へ
海の豆知識Vol.69へ
海の豆知識Vol.70へ
海の豆知識Vol.71へ
海の豆知識Vol.72へ
海の豆知識Vol.73へ
海の豆知識Vol.74へ
海の豆知識Vol.75へ
海の豆知識Vol.76へ
海の豆知識Vol.77へ

 ■お問い合わせ
公益財団法人
海洋生物環境研究所 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町347
藤和江戸川橋ビル7階
TEL. 03-5225-1161
FAX. 03-5225-1160
メールでのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。