研究分野:化学物質
タイトル 著者 資料名/会議名 巻号ページ
魚介類中のダイオキシン類の蓄積特性 柴崎道廣. 林 正裕 2018 海生研研究報告 第23号:19-63.
奨励賞受賞記念報告:都市河川におけるアユを対象とした環境影響評価および保全に関する研究. 恩地啓実 2017 環境アセスメント学会誌 15(1), 51-54.
シロギスの性分化に及ぼす17β-エストラジオール曝露の影響 堀田公明. 岸田智穂. 瀬戸熊卓見. 渡邉裕介. 道津光生. 足立伸次 2015 海生研研究報告 第21号: 13-21.
アユの忌避行動ととびはね行動に対する遊離アンモニアの阻害効果について. 恩地啓実. 矢持 進 2015 環境アセスメント学会誌 13(1) : 79-85
移植アサリを用いた干潟環境中の化学物質モニタリング 堀田公明. 林 正裕. 喜田 潤. 磯野良介. 三浦正治. 中村幸雄. 飯塚誠一郎. 福沢栄太. 逸見泰久 2015 海生研研究報告 第20号: 1-16.
海産魚Pterapogon kauderniを持いた急性毒性試験法の検討 岸田智穂. 渡邉祐介. 堀田公明. 箕輪 康. 喜田 潤 2015 海生研研究報告 第20号:41-56.
マダイ Pagrus major 仔魚に対する六価クロムの急性致死影響. 吉川貴志. 西村真 2014 水産増殖 62(3) : 229-234
Distribution coefficients (Kd) of strontium and significance of oxides and organic matter in controlling its partitioning in coastal regions of Japan. Takata, H., Tagami, K., Aono, T., Uchida, S. 2014 Science of the Total Environment 490 : 979-986
水域における化学物質の生態影響リスク推定の現状と水産環境保全に向けた課題 眞道幸司 2013 海生研研究報告 第16号: 29-50.
Distribution coefficients (Kd) of stable iodine in estuarine and coastal regions, Japan, and their relationship to salinity and organic carbon in sediments. Takata, H., Zheng, J., Tagami, K., Aono, T., Fujita, K., Yamasaki, S., Tsuchiya, N., Uchida, S. 2013 Environmental Monitoring and Assessment, In press 185(5): 3645-3658.
Influence of dissolved organic matter on particle-water interactions of Co, Cu and Cd under estuarine conditions. Takata, H., Aono, T., Tagami, K., Uchida, S. 2012 Estuarine, Coastal and Shelf Science 111 : 75-83.
Distributions of trace metals Co, Cu and Cd in northern Sagami Bay, Japan and their relationship to estuarine variables. Takata, H., Aono, T., Uchida, S. 2012 Estuarine, Coastal and Shelf Science 111 : 84-94.
海産生物を用いた化学物質の生態毒性試験法の開発−防汚剤の生態影響評価を目指して− 眞道幸司, 岸田智穂, 吉川貴志, 伊藤康男 2012 日本マリンエンジニアリング学会誌 47(5): 664-669.
海産生物を用いた毒性試験法および化学物質の有害性評価手法に関する近年の動向 眞道幸司 2012 海生研研究報告 第15号: 41-62.
Uptake by dietary exposure and elimination of aflatoxins in muscle and liver of rainbow trout (Oncorhynchus mykiss) Nomura, H., Ogiso, M., Yamashita, M., Takaku, H., Kimura, A., Chikasou, M., Nakamura, Y., Fujii, S., Watai, M. and Yamada, H. 2011 Journal of Agricultural and Food Chemistry 59(9): 5150-5158.
アフラトキシン類の魚類による吸収, 代謝, 毒性について 野村浩貴, 山田 久 2011 海生研研究報告 第14号: 29-41.
シオダマリミジンコTigriopus japonicus雌雄成体における六価クロムの急性致死影響 吉川貴志, 伊藤康男 2011 日本プランクトン学会報 58(1): 12-17.
シオダマリミジンコTigriopus japonicusノープリウス幼生に対する六価クロムの急性致死影響 吉川貴志, 伊藤康男 2010 Cancer 19: 11-14.
海産の植物プランクトン, 動物プランクトンおよび魚類を用いた六価クロムの急性毒性評価 喜田 潤, 岸田智穂, 吉川貴志, 眞道幸司, 伊藤康男 2010 環境毒性学会誌 13(2): 117-129.
第14回毒性評価国際シンポジウムに参加して 尾本直隆 2010 日本水産学会誌 76(1): 127.
シロギス雄のビテロゲニン産生能に及ぼす成熟度の影響 堀田公明, 岸田智穂, 佐藤裕介, 瀬戸熊卓見, 中村幸雄, 足立伸次, 山内晧平 2009 海生研研究報告 第12号: 1-8.
現場調査への適用と留意事項―魚類雄血清ピテロジェニンを指標とした内分泌かく乱物質影響評価の現場適用― 中村幸雄, 堀田公明, 渡辺剛幸 2009 海生研研究報告 第12号: 41-53.
Molecular characterization of Japanese Sillago vitellogenin and changes in its expression levels on exposure to 17β-estradiol and 4-tert-octylphenol Yoon, S.H., Itoh, Y., Kaneko, G., Nakaniwa, M., Ohta, M. and Watabe, S. 2008 Marine Biotechnology 10(1): 19-30.
魚類血清ビテロジェニン測定法開発の現状 山田 久 2008 海生研研究報告 第11号: 33-50.
シロギス雄の血中ビテロゲニンに及ぼす雌魚の影響 堀田公明, 渡辺剛幸, 岸田智穂, 中村幸雄, 井尻成保, 足立伸次, 山内晧平 2008 日本水産学会誌 74(1): 20-25.
スズキ及びマコガレイ肝臓の薬物代謝酵素(EROD)活性に及ぼすβ-ナフトフラボンの影響 渡辺剛幸, 宮庄 拓, 箕輪 康, 堀口一彦, 柴崎道廣, 橋爪政男, 原 猛也 2007 海生研研究報告 第10号: 27-31.
Present state of imposex in neptune whelk Neptunea arthritica inhabiting shallow waters around Hokkaido, Japan Fujinaga, K., Ilano, A. S., Nomura, H., Miranda, R. T. and Nakao, S. 2006 Fisheries Science 72: 995-1003.
水産生物における内分泌かく乱物質影響の実態把握 中村幸雄 2004 日本水産学会誌 70: 972-976.
Seasonality of serum levels of vitellogenin in male Japanese whiting, Sillago japonica, reared under natural temperature and photoperiod Hotta, K., Watanabe, T., Kishida, C., Nakamura, Y., Ohkubo, N., Matsubara, T., Adachi, S. and Yamauchi, K. 2003 Fisheries Science 69: 555-562.
有機スズ類の生物影響に関する文献調査 特に規制前後から近年における野外濃度レベルおよび暴露実験を中心として 丸茂恵右 2003 海生研研究報告 第5号: 35-83.
オリマルジョンに対するサケ稚魚の忌避行動 伊藤康男, 劉 海金, 高久 浩, 土田修二 2001 海生研研究報告 第3号: 27-38.
Concentration of elements in marine zooplankton from coastal waters of Boso Peninsula, Japan Marumo, K., Ishii, T., Ishikawa, Y. and Ueda, T. 1998 Fisheries Science 64(2): 185-190.

▲ページトップへ