研究分野:その他
タイトル 著者 資料名/会議名 巻号ページ
Phaeodaria: An important carrier of particulate organic carbon in the mesopelagic twilight zone of the North Pacific Ocean. Ikenoue, T., Kimoto, K., Okazaki, Y., Sato, M., Honda, C. M., Takahashi, K., Harada, N., Fujiki, T. 2019 Global Biogeochemical Cycles 33(8), 1146-1160.
Horizontal and vertical distribution of polycystine radiolarians in the western Arctic Ocean during the late summers of 2013 and 2015. Ikenoue, T., Bjørklund, K. R., Fujiwara, A., Uchimiya, M., Kimoto, K., Harada, N., Nishino, S. 2018 Polar Biology https://doi.org/10.1007/
s00300-018-2421-3.
本の紹介『図説 日本の湿地―人と自然と多様な水辺―』朝倉書店 長谷川一幸 2018 環境アセスメント学会誌 16(1), 91, 新刊図書,朝倉書店
漁港で稚魚を求めて40年 小嶋純一 2016 We Love Fishes 魚好きやねん  
新刊書紹介 水産総合研究センター叢書「福島第一原発事故による海と魚の放射能汚染」 渡邉剛幸 2016 日本水産学会誌 82(6):979.
かけがえのない海を未来へ
公益財団法人海洋生物環境研究所
山田 裕 2016 公益財団法人公益法人協会
機関誌「公益法人」
 
Bering Sea radiolarian biostrati-graphy and paleoceanography at IODP Site U1341 during the last four million years. Ikenoue, T., Okazaki, Y., Takahashi, K., Sakamoto, T. 2016 Deep-Sea Research Part Ⅱ: Topical Studies in Oceanography 125-126: 38-55
A new approach to evaluate factors controlling elemental sediment-seawater distribution coefficients (Kd) in coastal regions, Japan(日本沿岸域における海底土-海水分配係数(Kd)の支配要因に関する新しい評価方法の検討) Takata, H., Aono T., Tagami, K., Uchida, S. 2016 Science of the Total Environment 543: 315-325
Two new living Entactinaria (Radiolaria) species from the Arctic province: Joergensenium arcticum n. sp. and Joergensenium clevei n. sp. . Ikenoue, T., Bjørklund, K.R., Dumitrica, P.
, Krabberød, A.K., Kimoto, K., Matsuno, K. , Harada, N.
2016 Marine Micropaleontology 75-94
海洋生物環境研究所中央研究所の紹介 岸田智穂 2015 海洋調査 No.121: 35-38
Flux variations and vertical distributions of siliceous Rhizaria (Radiolaria and Phaeodaria) in the western Arctic Ocean: indices of environmental changes. Ikenoue, T., Bjørklund, K. R., Kruglikova, S. B., Onodera, J., Kimoto, K., Harada, N. 2015 Biogeosciences 12 : 2019-2046
海生研で開発した海生動物行動実験装置とその適用例 清野通康 2014 海生研研究報告 第18号: 1-2.
総 説:海生動物の選好忌避行動反応に関わる実験水槽 土田修二 2014 海生研研究報告 第18号: 3-14.
並流型実験水槽
-化学物質に対するサケ稚魚の忌避行動の解析-
伊藤康男. 劉 海金. 高久 浩. 土田修二 2014 海生研研究報告 第18号: 15-20.
平行流型低酸素反応行動実験水槽
-低酸素に対するマハゼ,シロギス,クルマエビの反応行動の解析-
島 隆夫. 恩地啓実. 横田瑞 2014 海生研研究報告 第18号: 21-24.
水平温度勾配水槽
-ホシギスの温度選好について-
土田修二 2014 海生研研究報告 第18号: 25-30.
垂直温度勾配水槽
-ウマヅラハギの温度選好について-
土田修二 2014 海生研研究報告 第18号: 31-36.
傾斜流を利用する水温・塩分勾配水槽
-アユ稚魚が選好する水温・塩分について-
島 隆夫. 伊藤康男. 土田修二 2014 海生研研究報告 第18号: 37-40.
垂直流を利用する水温・塩分反応行動水槽
-シキシマフクロアミ,チョウセンハマグリおよびヒラメが選好する水温・塩分について-
島 隆夫. 恩地啓実. 横田瑞郎 2014 海生研研究報告 第18号: 41-46.
生け簀による野外実験
-大型ブリの水温に対する行動反応の解明-
三浦雅大. 藤澤俊郎. 山田 裕. 原 猛也 2014 海生研研究報告 第18号: 47-50.
総 説:海生動物の行動計測実験技術 中村幸雄 2014 海生研研究報告 第18号: 51-56.
回流式水槽
-ブリ,マアジ,イシダイの遊泳能力の評価-
中村幸雄. 伊藤康男. 渡辺幸彦. 土田修二 2014 海生研研究報告 第18号: 57-62.
デジタルカメラのインターバル機能を用いた海洋生物の行動追跡
-キタムラサキウニの日周行動の解析-
長谷川一幸 2014 海生研研究報告 第18号: 63-66.
自発摂餌装置
-サクラマスおよびシロギスの摂餌行動の解析-
島 隆夫. 三浦雅大. 恩地啓実. 横田瑞郎 2014 海生研研究報告 第18号: 67-70.
無線生体信号測定装置
-ナンヨウブダイの脳波測定の試み-
林 正裕. 髙田陽子. 三上 隆. 裏出良博 2014 海生研研究報告 第18号: 71-74.
Flux variations and vertical distributions of microzooplankton (Radiolaria) in the western Arctic Ocean: environmental indices in a warming Arctic. Ikenoue, T., Bjørklund, K. R., Kruglikova, S. B., Onodera, J., Kimoto, K., Harada, N. 2014 Biogeosciences Discuss 11 : 16645-16701
養殖システムにおける電気の利用 清野通康 2013 電気評論 98(11) : 43-48.
閉鎖循環飼育 清野通康 2012 最新水産ハンドブック(島一雄他編), 講談社, 東京. 213-215.
Outline of ongoing research activities of the Marine Ecology Research Institute, mainly regarding thermal issues in Japan Kiyono, M. and Kido, K. 2011 Global Change: Mankind-Marine Environment Interactions, Proceedings of the 13th French-Japanese Oceanography Symposium pp.215-221.
財団法人海洋生物環境研究所(水産研究のフロントから) 三浦雅大 2011 日本水産学会誌 77(2):282.