魚の繁殖生態(6)スズキの繁殖行動


 

 

 スズキの産卵盛期は12~1月とされますが,ここで紹介する映像は2006年2月17日に収録したものです。10トン水槽に雌5尾(平均体長49cm),雄5尾(平均体長44cm)を収容し,飼育水温を15℃付近に維持して産卵させました。

解説写真(1)

16:27:34

 雌(♀1)が旋回しながら水槽上層を泳ぎ,その直後を雄(♂1)が♀1の生殖孔を眺めるように追尾していました。
♀1の左上パイプ状のものは,生み出された卵を集卵槽へ送るためのオーバー・フロー管です。

   
解説写真(2)

16:27:37

 ♀1が旋回遊泳しながら放卵を開始しました(円内)。他の雌(♀2)は別の雄(♂2)に追尾されていました。

   
解説写真(3)

16:27:40

 ♀1を追尾する♂1が旋回遊泳しながら放精しました(円内)。♀1はまだ放卵を続けていました。

   
解説写真(4)

16:27:47

 ♀1の放卵に気づいた別の雄(♂3と♂4)が,♀1への追尾行動に加わりました。

   
解説写真(5)

16:28:01

 放卵を終えた直後の♀1の腹部(矢印の先)が,大きくへこんでいる様子が確認されました。


ページのトップに戻る