魚の繁殖生態(2)マダイの繁殖行動


 

 

ビデオ解説

 マダイの産卵期である6月に,10トン水槽へ雌3尾(平均体長30cm),雄4尾(平均体長29cm)を収容して,繁殖行動を観察しました。活発に遊泳するマダイを観察するため,水槽内には4台のビデオカメラを設置しました(下図)。ここで紹介する映像は,2002年6月3日に収録したものです。

4台のビデオカメラ設置の様子写真
 
 10トン水槽に設置した4台のビデオカメラの撮影視野を示します。各視野には,重複する部分があります。カメラの仕様は水槽下・右側のみ白黒で,他はカラーです。水槽上・右側の手前に写るマダイ雄には,黒色の婚姻色が体表に現れています。この映像は,産卵前の14時30分頃に撮影したものです 。
動画へのリンクボタン この動画はこちらから別画面で開きます
 
解説写真(1)

ここから繁殖行動の解説

18:42:23

 雌と思われる個体が,水槽底から急浮上しました(円内)。この後,これに気づいた手前の雄(矢印)が急追しました。

   
解説写真(2)

18:42:25

 雌と思われる個体が急浮した付近に複数のマダイが集まりました(円内)。

   
解説写真(3)

18:42:26

 複数のマダイが集まったところで波立ちが認められ(円内),そこへ水槽底にいた雄(矢印)も急行しました。

   
解説写真(4)

18:42:27

 マダイが水面近くで,激しく急反転する行動が観察されました。このあと直ぐに受精卵を確認しました。

   
解説写真(5)

18:42:27

 これ以降は,水槽上・右側の映像を拡大したものです。


ページのトップに戻る