研究分野:生物生理・生態
タイトル 著者 資料名/会議名 巻号ページ
ヒゲソリダイの種苗生産と仔稚魚の形態発育. 喜田潤, 渡邉裕介, 塩野谷勝, 小嶋純一 2020 水産増殖 68(1), 43-50.
ヒゲソリダイの卵発生 塩野谷 勝. 吉川貴志 2020 海生研研究報告 第25号:53-59.
カイヤドリウミグモとアサリの寄生—宿主関係. 冨山毅, 山田勝雅, 恩地啓実 2019 生物科学 70(2),89-94.
技法の開発:カイヤドリウミグモの早期発見と基礎生態. 宮崎勝己, 良永知義, 山下桂司, 中木舞, 神谷享子, 恩地啓実, 山田勝雅, 望月佑一, 玉置雅紀 2019 生物科学 70(2),95-102.
フクロフノリ発芽体の生育に及ぼす温度,光量,塩分の複合影響 馬場将輔 2019 海生研研究報告 第24号:1-10.
飼育下におけるシロギスの生殖腺の性分化と発達 堀田公明, 岸田智穂, 瀬戸熊卓見, 渡邉裕介, 足立伸次 2019 海生研研究報告 第24号:11-16.
仔稚魚の形態. 小嶋純一 2018 魚類学の百科事典
日本魚類学会(編),丸善出版株式会社,
422-423.

Thermal tolerance of a thermally selected strain of rainbow trout Oncorhynchus mykiss and the pedigrees of its F1 and F2 generations indicated by their critical thermal maxima.

Ineno, T., Tamaki, K., Yamada, K., Kodama, R., Tsuchida, S., Tan, E., Kinoshita, S., Muto, K., Yada, T., Kitamura, S., Asakawa, S., and Watabe, S.

2018 Fisheries Science 84, 671-679.
飼育条件下におけるアカザエビの産卵とふ化幼生の生態. 長谷川一幸, 瀬戸熊卓見, 吉野幸恵, 島 隆夫, 眞道幸司, 林 正裕 2018 水産技術 10(1), 27-30.
シロメバル稚魚に対するホンダワラ科海藻の誘引力の解析. 本多正樹, 中根幸則, 中島慶人, 山本雄三, 林 正裕 2018 日本水産学会誌 84(3), 377-383.
低周波水中音がマダイ(Pagrus major)の摂餌行動および成長に及ぼす影響. 島 隆夫, 長谷川一幸, 塩苅 恵, 今里元信 2017 環境アセスメント学会誌 15(1), 77-83.
バイ稚貝の成長に及ぼす水温および底砂の影響 中村幸雄 2015 海生研研究報告 第21号:1-12.
Thermal dependency of shell growth, microstructure, and stable isotopes in laboratory-reared Scapharca broughtonii (Mollusca: Bivalvia) Nishida, K., Suzuki, A., Isono, R., Hayashi, M., Watanabe, Y., Yamamoto, Y., Irie, T., Nojiri, Y., Mori, C., Sato, M., Sato, K., Sasaki, T. 2015 Geochem. Geophys. Geosyst. 16, doi:10.1002/
2014GC005634.
7α-Hydroxy-pregnenolone, a key neuronal modulator of locomotion, stimulates upstream migration by means of the dopaminergic system in salmon. Haraguchi, S., Yamamoto, Y., Suzuki, Y., Chang, H. J., Koyama, T., Sato, M., Mita, M., Ueda, H., Tsutsui, K. 2015 Scientific Reports, 5 12546; doi: 10.1038 /
srep12546
オゴノリ類6種の成長と生残に及ぼす温度,光量,塩分の影響 馬場将輔 2015 海生研研究報告 第20号:17-32.
新潟県産ホンダワラ類5種の成長と生残に及ぼす温度の影響 馬場将輔 2014 海生研研究報告 第19号:53-62.
水温および日長制御によるシロギスの複数年にわたる周年産卵 瀬戸熊卓見. 吉野幸恵. 土田修二. 木下秀明 2014 海生研研究報告 第19号:67-72.
シロギスの産卵終了に及ぼす日長の影響 瀬戸熊卓見, 吉野幸恵, 土田修二, 木下秀明 2014 海生研研究報告 第19号:73-78.
First record of Sporolithon ptychoides Heydrich (Sporolithales, Corallinophycidae, Rhodophyta) from Thailand Kaewsuralikhit, C., Maneekat, S., Noiraksa, T., Patarajinda, S., Baba, M. 2012 Cryptogamie, Algologie 33(3): 265-276.
Induction of spermatogenesis in Japanese eel by recombinant goldfish gonadotropins Hayakawa, Y., Nagaya, H., Kaki, H., Hotta, K. and Kobayashi, M. 2009 Fisheries Science 75(1):137-144.
毒性試験用シオダマリミジンコ Tigriopus japonicus の小型容器による飼育及び繁殖 高久 浩, 伊藤康男, 秋本 泰, 中村幸雄, 土田修二, 木下秀明, 山田 久 2009 海生研研究報告 第12号:9-24.
Biological activities of single-chain goldfish follicle-stimulating hormone and luteinizing hormone Hayakawa, Y., Morita, T., Kitamura, W., Kanda, S., Banba, A., Nagaya, H., Hotta, K., Chang, S. Y., Yoshizaki, G. and Kobayashi, M. 2008 Aquaculture 274(2-4):408-415.
マダイ,クロダイの最終致死温度に及ぼす低塩分,低酸素の影響 磯野良介, 瀬戸熊卓見, 佐藤裕介, 吉冨耕司 2008 海生研研究報告 第11号:1-6.
流水式回流水槽によるワカメの水温と水流に対する生育反応 馬場将輔, 山本正之, 渡辺幸彦 2006 海生研研究報告 第9号:55-64.
海生生物の水質環境耐性について:総説 下茂 繁, 秋本 泰, 高浜 洋 2004 海生研研究報告 第6号:1-159.
第4編 プランクトンの調査 第5章 プランクトンの生産力の測定 第3節 プランクトンの活性度の測定 山田 裕 2003 「地球環境調査計測事典 第3巻 沿岸域編」, (竹内 均監修), フジ・テクノシステム, 東京 pp.552-553
Modelling population dynamics of the pelagic larval shrimp Metapenaeus ensis in the Osaka Bay estuary Taguchi, K., Yamochi, S., Oda, K., Ishikawa, K., Kido, K. and Nakamura, Y. 2002 Aquat. Ecol. 36: 21-40.
ミドリイガイの生物学的知見 劉 海金, 渡辺幸彦 2002 海生研研究報告 第4号: 67-75.
Distinct seawater and freshwater types of chlorides cells in killfish, Fundulus heteroclitus Katoh, F., Hasegawa, S., Kita, J., Takagi, Y. and Kaneko, T. 2001 Canadian Journal of Zoology 79(5): 822-829.
Holothurian distribution in the lagoon at La Preneuse and Baie du Cap, Mauritius, Indian Ocean Luchmun, J.P., Manger, V., Mosaheb, J.I., Terashima, H, and Yamamoto, M. 2001 Rep. Mar. Ecol. Res. Inst. (3) : 13-25.
Ontogeny of respiratory area of a marine teleost, porgy, Pagrus major Oikawa, S., Hirata, M., Kita, J. and Itazawa, Y. 1999 Ichthyological Research 46(3): 233-244.
マダイの成長に伴う聴覚閾値の変化 岩下亜紀, 坂本睦海, 小島隆人, 渡辺幸彦, 添田秀男 1999 日本水産学会誌 65(5): 833-838.
Acute effects of kaolinite suspension on eggs and larvae of some marine teleosts Isono, R. S., Kita, J. and Setoguma, T. 1998 Comp. Biochem. Physiol. Pt.C 120: 449-455.
東京湾盤洲干潟のアサリによる窒素摂取量の推定とその季節変動に係わる要因 磯野良介 1998 水環境学会誌 21(11): 751-756.
An ancient chemosensory mechanism brings new life to coral reefs Morse, A. N. C., Iwao, K., Baba, M., Shimoike, K., Hayashibara, T. and Omori, M. 1996 Biol. Bull. 191(2): 149-154.
毒性試験に用いる海産魚の飼育および繁殖法 木下秀明, 瀬戸熊卓見, 磯野良介 1996 38(12): 16-27.
耳石によるカサゴの年齢査定における横断面法と表面法の信頼性の比較 林 周, 道津光生, 太田雅隆 1995 日本水産学会誌 61(1): 1-5.
Assessment of the effects of enhancet UV-B on marin algae Yamamoto, M. 1994 Global Environment Research of Japan (Final Reports for Projects Completed in 1992) 73-77.
Scanning electron microscope study of rainbow trout spleen with special reference to the role of the reticular meshwork in erythrocyte release Kita, J. and Itazawa, Y. 1994 Jpn. J. Ichthyol. 41(3): 287-293.
チシマハバモドキ.堀 輝三編 海藻の生活史集成 第2巻褐藻・紅藻類 太田雅隆 1993 内田老鶴圃 東京 p.80-81.
シロギス卵・稚魚の生残に及ぼす海水オゾン処理の影響 磯野良介, 伊藤康男, 木下秀明, 城戸勝利 1993 日本水産学会誌 59(9): 1527-1533.
新しい遊泳能力測定装置による海産魚類の遊泳能力の評価 中村幸雄, 渡辺幸彦, 土田修二 1991 海生研研究報告 (91203): 1-33.
マダイ卵および仔稚魚の生残に及ぼすアンモニアの影響 城戸勝利, 渡辺康憲, 中村幸雄, 岡村武志 1991 水産増殖 39(4): 353-362.
ホンダワラ属海藻の分布と海水流動との関係 太田雅隆, 二宮早由子 1990 藻類 38(2): 179-185.
日本海の表層におけるホタルイカ卵の出現と分布 深滝 弘 1990 日本海ブロック試験研究集録 (17): 1-15.
Rearing method and daily otolith ring of Japanese sardine larvae Hayashi, A., Yamashita, Y., Kawaguchi, K. and Ishii, T. 1989 Nippon Suisan Gakkaishi 55(6): 997-1000.
水流発生装置の実際 山本正之 1989 養殖 26(13): 124-128.

▲ページトップへ