プロファイル
氏 名 城谷 勇陛(Shirotani Yuhei)  
所属/職名 中央研究所 海洋環境グループ 研究員
メールアドレス shirotani(*add @kaiseiken.or.jp)
学位の種類 修士(理学)
専門分野/関心分野 環境放射能、海洋化学
略 歴 平成27年3月 金沢大学理工学域物質化学類卒業
平成29年3月 金沢大学大学院自然科学研究科物質化学専攻博士前期課程修了
平成29年4月 (公財)海洋生物環境研究所 入所
所属学会 日本海洋学会
趣 味 サッカー観戦

プロファイル
誌上発表
M. Inoue, Y. Shirotani, S. Yamashita, H. Takata, H. Kofuji, D. Ambe, N. Honda, Y. Yagi, S. Nagao. (2018) Temporal and spatial variations of 134Cs and 137Cs levels in the Sea of Japan and Pacific coastal region: Implications for dispersion of FDNPP-derived radiocesium. J. Environ. Radioactivity.182, 142-150.
M. Inoue, Y. Shirotani, S. Nagao, T. Aramaki, Y.I. Kim, K. Hayakawa. (2018) Spatial variations of 226Ra, 228Ra, 134Cs, and 137Cs concentrations in western and southern waters off the Korean Peninsula in July 2014. J. Environ. Radioactivity. 182, 151-156
M. Inoue, Y. Shirotani, Y. Furusawa, K. Fujimoto, H. Kofuji, K. Yoshida, S. Nagao, M. Yamamoto, Y. Hamajima, N. Honda, A. Morimoto, T. Takikawa, A. Shiomoto, Y. Isoda, M. Minakawa. (2017) Migration area of the Tsushima Warm Current Branches within the Sea of Japan: Implications from transport of 228Ra. Cont. Shelf Res. 134, 167-174.
M. Inoue, Y. Shirotani, S. Nagao, H. Kofuji, Yu. N. Volkov, J. Nishioka. (2016) Migration of the FDNPP-derived 134Cs and 137Cs along with 226Ra and 228Ra concentrations across the northwestern North Pacific Ocean. J. Environ. Radioactivity. 162-163, 33-38
Hyoe Takata, Mutsuo Inoue, Yuhei Shirotani, Natsumi Kudo. (2018) Radiocesium in the swash zones off the coast of the Japan Sea. Applied Radiation and Isotopes. 141, 64-67
口頭・ポスター発表、講演
城谷 勇陛, 御園生 淳, 渡部 輝久, 宮本 霧子, 高田 兵衛(2018). 核燃料サイクル施設周辺海域の海水及び海産生物の トリチウム, 2018年度日本地球化学会第65回年会, ポスター発表
城谷勇陛、井上睦夫、長尾誠也、小藤久毅、西岡純(2016). 北太平洋北西部表層におけるFDNPP起源の放射性セシウムの分布, 日本海洋学会 2016年度春季大会, 口頭発表