プロファイル
氏 名 神林 翔太(Kambayashi Shota)  
所属/職名 中央研究所 海洋環境グループ 契約研究員
メールアドレス kambayashi(*add @kaiseiken.or.jp)
学位の種類 博士(理学)
専門分野/関心分野 環境地球化学,海洋化学
略 歴

平成27年3月:富山大学大学院理工学教育部生物圏環境科学専攻 修了
平成30年3月:富山大学大学院理工学教育部地球生命環境科学専攻 修了
平成30年4月:国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 福島再生支援本部 環境動態研究チーム 博士研究員
平成31年4月:国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 高度被ばく医療センター 福島再生支援研究部 環境動態研究グループ 博士研究員(改組に伴う所属変更)
令和元年7月:公益財団法人海洋生物環境研究所中央研究所 契約研究員

資 格 中学校・高等学校教員(理科)専修免許
所属学会 日本地球化学会,日本海洋学会,日本地球惑星連合

プロファイル
誌上発表
Jiang, K., Zhang, J., Sakatoku, A., Kambayashi, S., Yamanaka T., Kanehara, T., Fujikura, K., Pellizari, V.H., 2018. First asphalt seep discovery in the Brazilian margin by manned vehicle Shinkai 6500 and its biogeochemical signatures. Scientific Reports. 8, 12619.
神林 翔太,張 勁,成田 尚史,山田 正俊,2018.汽水域における放射性セシウムの分布状況と輸送過程の把握:福島県松川浦での事例.号外海洋.61,113-120.
片境 紗希,神林 翔太,張 勁,2018.沿岸海底湧水を介した海洋への水・物質供給とその長期変化―世界の研究と富山湾での事例―.号外海洋.61,43-50.
Kambayashi, S., Zhang, J., Narita H., 2017. Spatial assessment of radiocaesium in the largest lagoon in Fukushima after the TEPCO Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station accident. Marine Pollution Bulletin. 122, 344-352.
口頭・ポスター発表、講演
Kambayashi, S., Zhang, J., Narita, H., 2018. Significance of Fukushima-derived radiocesium flux via river-estuary-coastal ocean system. 日本海洋学会2019年度秋季大会.2019年9月.富山.
Zhang, J., Zhu, S., Kambayashi, S., Matsuno, T., Tsutsumi, E., 2019. Material transport between the marginal seas and western North Pacific using Neodymium and Radiocesium isotopes. 28th Goldschmidt Conference. August, 2019. Barcelona, Spain.
神林 翔太,青野 辰雄,濱島 大輝,高橋 博路,山村 充,山田 裕,2019.森林流域における放射性セシウム濃度の季節変化とその要因.日本地球惑星科学連合2019年大会.2019年5月.千葉.(招待講演)
Kambayashi, S., Aono, T., Hamajima, H., Takahashi, H., Yamamura, M., Yamada, Y., 2019. Behavior of Radiocaesium in Forest Catchments Contaminated by the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station Accident. 2nd International Conference on Radioanalytical and Nuclear Chemistry (RANC 2019). May, 2019. Budapest, Hungary.
Kambayashi, S., Zhang, J., Narita, H., 2018. Dynamics of Fukushima-derived radiocesium on the water and material transport in river -estuary - open ocean system. Joint seminar of CRIEPI and 23th IER seminar Further understanding of radiocaesium dynamics between land-sea area; comparison between Mediterranean and Fukushima. October, 2018. Fukushima, Japan.
受 賞
第20回「環境放射能」研究会 研究奨励賞
2014年度地球化学会 学生発表賞(ポスター)