放射性物質影響調査推進委託事業結果(水産関係団体分)   海洋環境放射能の解説資料
2022年5月18日更新〔2022年5月第2週の水産関係団体分〕 2022年4月6日更新
トピックス・インフォメーション
 
 
2022年5月18日 放射性物質影響調査推進委託事業の調査結果を更新
〔2022年5月第2週の水産関係団体分〕掲載
2022年5月17日 当所研究員らによる論文が「Marine Ecology Progress Series」誌に掲載されました。
Small-scale heterogeneity of fish diversity evaluated by environmental DNA analysis in eelgrass beds.
https://doi.org/10.3354/meps13994
2022年5月17日 渡邉裕基研究員が日本藻類学会「研究奨励賞」を受賞しました。
2022年5月16日 当所研究員らによる論文が「Journal of Sea Research」誌に掲載されました。
Biomonitoring of Pu isotopes in liver of North Pacific giant octopus (Enteroctopus dofleini) collected off the Rokkasho Nuclear Fuel Reprocessing Plant, western North Pacific margin.
https://doi.org/10.1016/j.seares.2022.102201
2022年4月19日 公開資料〔定款〕、〔評議員・役員名簿〕を更新いたしました。
2022年4月18日 海生研ニュースNo.154を掲載
2022年4月13日 公開資料〔品質方針〕を掲載
2022年4月6日 海生研研究報告第27号(2022年3月発行)掲載
2022年4月1日 公開資料〔2022年度 事業計画書・収支予算書〕を掲載
2022年3月29日 TOP100-DOWNLOADED ARTICLES-2021当所研究員らによる論文が2021年に「Scientific Reports」誌よりダウンロードされた地球科学論文のトップ100の1つに選ばれました。
Long-term ocean acidification trends in coastal waters around Japan.
https://doi.org/10.1038/s41598-021-84657-0
2022年3月7日 海生研収書報告 No.2101〜2112(2022年3月発行)掲載
2022年3月1日 公開資料〔情報セキュリティ基本方針〕を掲載
2022年2月25日 当所中央研究所における新型コロナウイルス感染者の発生について
2022年2月14日 当所事務局における新型コロナウイルス感染者の発生について
2021年11月18日 当所研究員らによる論文が「Environmental Science & Technology」誌に掲載されました。
Distributions of 239Pu and 240Pu concentrations and 240Pu/239Pu atom ratios and 239+240Pu inventories in a water column in the eastern Indian Ocean: Transport of Pacific Proving Grounds-derived Pu via the Indonesian Throughflow.
https://doi.org/10.1021/acs.est.1c03575
2021年10月12日 当所研究員らによる論文が「Journal of Environmental Radioactivity」誌に掲載されました。
Temporal trend of 240Pu/239Pu atom ratios in water columns in the Western North Pacific Ocean and its marginal seas.
https://doi.org/10.1016/j.jenvrad.2021.106737
2021年10月8日 研究成果>委託調査成果:
令和2年度原子力施設等防災対策等委託費(海洋環境における放射能調査及び総合評価)事業調査報告書を掲載
併せて平成29年度から令和2年度までの正誤表を掲載
2021年10月8日 研究成果>委託調査成果:
「漁場を見守る」海洋環境における放射能調査及び総合評価事業 海洋放射能調査(令和2年度)を掲載
2021年10月6日 トリチウム分析結果の誤りについて
2021年9月29日 PRESS RELEASE「ケイ質殻プランクトンのシリカ定量方法を開発〜北極海のケイ素循環における放散虫の役割を解明〜」掲載
2021年9月1日 海生研シンポジウム2021への参加受付を開始いたしました。
2021年8月6日 トリチウムおよびセシウムの放射能分析能力が国際原子力機関(IAEA)に評価されました。
2021年8月6日 当所研究員らによる論文が「Fusion Engineering and Design」誌に掲載されました。
Distributions of tritium in the coastal waters off Aomori and Iwate Prefectures.
https://doi.org/10.1016/j.fusengdes.2021.112738
2021年7月13日 当所研究員らによる論文が「Science of The Total Environment」誌に掲載されました。
Significance of Fukushima-derived radiocaesium flux via river-estuary-oceann system.
https://doi.org/10.1016/j.scitotenv.2021.148456
2021年6月22日 公開資料〔2020年度 事業報告書・収支決算書〕を掲載
2021年6月22日 公開資料〔評議員・役員名簿〕を更新いたしました。
2021年5月27日 水産庁パンフレット「安心して魚を食べ続けるために知ってほしい放射性物質検査の話」(令和3年3月発行)を掲載
2021年4月9日 当所研究員らによる論文が「Scientific Reports」誌に掲載されました。
Long-term ocean acidification trends in coastal waters around Japan.
https://doi.org/10.1038/s41598-021-84657-0
2021年3月23日 当所中央研究所における新型コロナウイルス感染者の発生について(続報)
2021年3月18日 当所中央研究所における新型コロナウイルス感染者の発生について(第一報)
2021年1月8日 当所中央研究所における新型コロナウイルス感染者の発生について(続報)
2020年12月23日 当所中央研究所における新型コロナウイルス感染者の発生について(第一報)
2020年11月6日 IAEA Programme on Modelling and Data for Radiological Impact Assessments (MODARIA II) に関わる技術文書(IAEA TECDOC No.1927)が IAEAウェッブサイトに公開されました。当研究所の研究員により海洋放射能モニタリングの成果がChap.7 MARINE SYSTEMS(p.229~)として取りまとめられています。
https://www.iaea.org/publications/14751/environmental-transfer-of-radionuclides-in-japan-following-the-accident-at-the-fukushima-daiichi-nuclear-power-plant
    PRESS RELEASE2021年9月29日「ケイ質殻プランクトンのシリカ定量方法を開発~北極海のケイ素循環における放散虫の役割を解明~」

水産庁パンフレット「安心して魚を食べ続けるために知ってほしい放射性物質検査の話」2019年度版

「漁場を見守る」海洋環境放射能総合評価事業海洋放射能調査(令和2年度)
こちらも合わせてご覧ください。
→研究成果→委託調査成果
 
分野別研究紹介