プロファイル
氏 名 日下部 正志(Kusakabe Masashi)  
所属/職名 中央研究所 海洋環境グループ 契約研究員
メールアドレス kusakabe(*add @kaiseiken.or.jp)
学位の種類 水産学博士
専門分野/関心分野 化学海洋学、海洋における放射性核種の挙動
略 歴 昭和50年3月 北海道大学大学院水産学研究科修士課程 修了
昭和53年6月 北海道大学大学院水産学研究科博士課程 単位取得後退学
昭和55年4月 南カリフォルニア大学地球科学科
平成4年7月  海洋科学技術センター
平成13年3月  マリン・ワーク・ジャパン海洋科学部 (出向)
平成14年4月 放射線医学総合研究所珂湊支所 
平成20年4月 放射線医学総合研究所基盤技術センター(併任)
平成23年4月 (財) 海洋生物環境研究所 入所 
所属学会 日本海洋学会、日本地球化学会、海洋理工学会

プロファイル
誌上発表
Takata, H., M. P. Johansen, M. Kusakabe, T. Ikenoue, M. Yokota, H. Takaku, A 30-year record reveals re-equilibration rates of 137Cs in marine biota after the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant accident: Concentration ratios in pre- and post-event conditions. Sci. Total Environ. 675 (2019) 694-704
Takata H., M. Kusakabe, N. Inatomi, and T. Ikenoue, Appearances of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant-Derived 137Cs in Coastal Waters around Japan: Results from Marine Monitoring off Nuclear Power Plants and Facilities, 1983−2016. Environ. Sci. Technol. 52 (2018) 2629−2637
Kusakabe M., Radioactivity in the Marine Environment and in Fisheries Products during the Five Years after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant Accident. Rep. Mar. Ecol. Res. Inst., No.22 (Supplement), 3-16, 2017
Kusakabe M., N. Inatomi, H. Takata, T. Ikenoue, Decline in radiocesium in seafloor sediments off Fukushima and nearby prefectures. J. Oceanogr. 73 (2017) 529-545.
Kusakabe M., S. Oikawa, H. Takata, and J. Misonoo, Spatiotemporal distributions of Fukushima-derived radionuclides in nearby marine surface sediments. Biogeosciences, 10 (2013) 5019–5030, 2013
続きがあります。こちらをクリックしてください。
日下部 正志、福島県および近隣県沖合海域の海水o海底土の放射能。電気評論,600号,p44-45 (2014)
及川真司、高田兵衛、磯山直彦、渡部輝久、鈴木千吉、御園生淳、森薗繁光お成光、日下部正志 (2014). 日本周辺海域環境での90Sr及び137Cs濃度の長期的推移-昭和58年度〜平成24年度までの調査結果-。海生研研報、第19号:1−15
日下部正志、原発事故、海は危険なのか?-福島近隣海域における放射能汚染の変遷.Global Energy Policy Research 2013年10月7日(http://www.gepr.org/ja/contents/20131007-01/)
高田兵衛,及川真司,渡部輝久,吉川貴志,御園生淳,日下部正志、福島県沖合を中心とした海洋放射能汚染の現状 −福島第一原子力発電所事故後の経過−。海洋と生物 vol.35 (3) 269-282 (2013)
日下部正志:海洋における人工放射性核種の動態。海洋と生物 vol.34(3), 217-230, 2012
口頭・ポスター発表、講演
Kusakabe M. 、S. Oikawa, and H. Takata, A Summary of Three-Year Monitoring in the Waters off Fukushima and Nearby Prefectures, Japan. Ocean Science Meeting 2014, Honolulu, Hawaii
Takata H. , M. Kusakabe, S. Oikawa, Spatial Disitributions of Cs-134 as a Tracer of Fukushima-Derived Radiocesium in the Coastal Waters of the East Japan. Ocean Science Meeting 2014, Honolulu, Hawaii
Oikawa S. , H. Takata, T. Watabe and M. Kusakabe, Distribution of Pu Isotopes and Am-241 in the Waters off Nuclear Power Plants throughout Japan before and soon after the Fukushima Accident. Ocean Science Meeting 2014, Honolulu, Hawaii
日下部正志、堆積物表層における134Cs及び137Cs濃度の分布とその時間的変化。海洋学会シンポジウム.2013年3月
東日本太平洋沿岸域・沖合域における海水・海底土中の放射性核種濃度の時系列変化。シンポジウム「水産環境における放射性物質の汚染とその影響」2013年3月
著 書
日下部正志、1.3.1 海洋環境をめぐる諸問題、E. 放射能汚染。水産海洋ハンドブック 第3版 p50-52 (2016)
受 賞
2005年3月29日 日本海洋学会 日高論文賞
2010年5月21日 海洋理工学会 論文賞