プロファイル
氏 名 岩田 仲弘(Iwata Nakahiro)  
所属/職名 事務局 研究企画調査グループ 研究参与
メールアドレス iwata (*add @kaiseiken.or.jp)
学位の種類 博士(農学)東京大学
専門分野/関心分野 水産増殖学、魚類生理学
略 歴 1983年3月 東京大学農学部水産学科 卒業
1985年3月 東京大学大学院農学系研究科水産学専攻修士課程 修了
1985年4月 電力中央研究所 入所
2015年7月 海洋生物環境研究所 出向
2018年11月 電力中央研究所 退職
2018年12月 海洋生物環境研究所 入所
資 格 潜水士
所属学会 日本水産学会、日本水産増殖学会

プロファイル
誌上発表
岩田仲弘,横山信吾,田中克彦, 川那公士,難波憲二 (2011). 懸濁物質が魚類の生理・生態に及ぼす影響-粘土鉱物の種類および添加方法とヒラメの生存への影響.日本水産学会誌, 77 : 215-222.
Nakahiro Iwata, Kotaro Kikuchi (1998). Effects of sandy substrate and light on hypermelanosis of the blind side in cultured Japanese flounder Paralichthys olivaceus. Environmental Biology of Fishes, 52 : 291 – 297.
Nakahiro Iwata, Kotaro Kikuchi, Haruo Honda, Michiyasu Kiyono, Hisashi Kurokura (1994). Effects of Temparature on the Growth of Japanese Flounder. Fisheries Science, 60 : 527 – 531.
岩田 仲弘・中原 元和・石井 紀明・小柳 卓(1988).マボヤによる放射性核種の取り込みと排出,電力中央研究所報告 U87038.
岩田 仲弘・黒倉 寿・平野 禮次郎 (1989). マガキ精液の凍結保存. 水産増殖, 37 : 163-166.
続きがあります。こちらをクリックしてください。
岩田仲弘・田中克彦・馬場義彦・横山信吾・川那公士・半田岳志・難波憲二 (2012). 懸濁物質が魚類に及ぼす急性影響. 電力中央研究所報告 V03. 
岩田仲弘・難波憲二・山本武志 (2011). 汽水性二枚貝ヤマトシジミの生存に対する懸濁物質の影響. 電力土木, 353 : 69-72.
川那公士・岩田仲弘・半田岳志・馬場義彦・植松一眞・難波憲二 (2012) 低溶存酸素水により窒息死したヒラメの血液性状. 水産増殖, 60 : 397-403.
柳川敏治・川端豊喜・岩田仲弘・菊池弘太郎 (2011). 循環濾過システムによるトラフグTakifugu rubripesの養殖. 生態工学, 23 : 11-16.
Koji Kawana, Nakahiro Iwata, Takeshi Handa, Yoshihiko Baba, Kazumasa Uematsu, Kenji Namba (2011). Blood properties of the Japanese flounder (Paralichthys olivaceus) exposed to smectite suspended in seawater. 水産増殖, 59 : 207-214.
難波憲二・半田岳志・三ヶ尻孝文・岩田仲弘 (2009). アルミニウムを含む酸性水がコイの血液性状に及ぼす影響. 生態工学, 21 : 153-159.
Kotaro Kikuchi, Takeshi Furuta, Nakahiro Iwata, Kazue Onuki, Tamao Noguchi (2009). Effect of dietary lipid levels on the growth, feed utilization, body composition and blood characteristics of tiger puffer Takifugu rubripes. Aquaculture, 298 : 111-117.
Kotaro Kikuchi, Takeshi Furuta, Nakahiro Iwata, Kazue Onuki, Tamao Noguchi, Haruo Sugita (2009). Effect of dietary fatty acid composition on the growth of tiger puffer Takifugu rubripes. Fisheries Science, 77 : 829-837.
岩田仲弘・田中克彦・難波憲二 (2009). 懸濁物質が魚類に及ぼす影響 -粘土鉱物(パイロフィライト、セリサイト)がヒラメの生存に及ぼす影響. 電力中央研究所報告 V08014.
古田岳志・菊池弘太郎・岩田仲弘 (2009). 海産魚仔魚を対象とした長期毒性試験におけるカクレクマノミの有効性. 電力中央研究所報告 V08009.
Takeshi Furuta, Nakahiro Iwata, Kotaro Kikuchi (2008). Effects of Fish Size and Water Temperature on the Acute Toxicity of Copper for Japanese Flounder, Paralichthys olivaceus, and Red Sea Bream, Pagrus major. Journal of the World Aquaculture Society, 39 : 766-773.
朝倉一雄・津崎昌東・伊藤茂男・坂田昌弘・野田直希・西村 泉・岩田仲弘 (2006).石炭燃焼に伴う微量物質の挙動と健康リスク評価. 電力中央研究所報告 V01.
岩田仲弘・菊池弘太郎 (2006). 魚介類中の水銀に関する文献調査. 電力中央研究所報告 V05006.
馬場義彦・川那公士・半田岳志・岩田仲弘・難波憲二 (2006). 懸濁物質が魚類の生理・生態に及ぼす影響-スメクタイトに対するヒラメの生存実験. 日本水産学会誌, 72 : 408-413.
Kotaro Kikuchi, Nakahiro Iwata, Takeshi Furuta,Toyoki Kawabata, Toshiharu Yanagawa (2006). Growth of tiger puffer Takifugu rubripes in the closed recirculating culture system. Fisheries Science, 72 : 1042-1047.
Kotaro Kikuchi, Nakahiro Iwata, Toyoki Kawabata, Toshiharu Yanagawa (2006). Effect of feeding frequency, water temperature and stocking density on the growth of tiger puffer Takifugu rubripes. Journal of the World Aquaculture Society. 37 : 12-20.
Takeshi Furuta Nakahiro Iwata, Kotaro Kikuchi, Kenji Namba (2005). Effect of copper on survival and growth of larval false clown anemonefish, Amphiprion ocellaris. Fisheries Science, 71 : 884-888.
岩田仲弘・古田岳志・菊池弘太郎 (2004). 海水魚を用いた毒性試験法の開発(その3)-ライフサイクル試験装置および試験対象種の検討-. 電力中央研究所報告 U03048.
古田岳志・岩田仲弘・菊池弘太郎 (2004). 海水魚を用いた毒性試験法の開発(その2)-慢性毒性試験における適正試験条件の解明-. 電力中央研究所報告U03047
Kotaro Kikuchi, Nakahiro Iwata, Shigenobu Takeda (2002). Production of Japanese flounder in closed recirculating aquaculture system. Fisheries Science, 68 : 851-854.
古田岳志・岩田仲弘・菊池弘太郎 (2001). 魚類を対象とした毒性試験に関する文献調査. 電力中央研究所報告 U00060.
岩田仲弘・菊池弘太郎 (2001). 循環濾過システムによるヒラメの生産 -雌化種苗の成長と黒化防止技術の検討-. 電力中央研究所報告 U00045.
岩田仲弘・古田岳志・菊池弘太郎・瀬戸熊卓見・喜田 潤 (2000). ヒラメの成熟、産卵に対する環境条件の影響 -水温、日長、水槽の大きさ-. 電力中央研究所報告 U00003.
古田岳志・菊池弘太郎・岩田仲弘 (1999). ワクチンによる魚病予防技術の開発(その2) -ヒラメのエドワジェラ症に対するワクチンの調整法および投与量の検討-. 電力中央研究所報告 U98069.
本田晴朗・菊池弘太郎・岩田仲弘・古田岳志 (1999). 実用循環濾過式ヒラメ養魚システムの開発. 電力中央研究所報告 U98065.
藤永 愛・岩田仲弘・坂口 勇 (1999). アワビ類の摂餌と成長におよぼす水温の影響.電力中央研究所報告 U98030.
岩田仲弘・古田岳志・菊池弘太郎・本田晴朗 (1998). ヒラメ全雌種苗の生産-雌雄の成長差と水温の生理的性発現に与える影響-. 電力中央研究所報告U97077.
Takeshi Furuta, Kotaro Kikuchi, Nakahiro Iwata, Haruo Honda (1998). Culture of Japanese flounder, Paralichthys olivaceus with a closed seawater recirculating system. 水産増殖, 46 : 557-562.
本田晴朗・菊池弘太郎・坂口 勇・岩田仲弘・古田岳志 (1997). アナアオサとイトゴカイによるヒラメ排泄物中の窒素処理. 電力中央研究所報告 U96046.
古田岳志・菊池弘太郎・岩田仲弘・本田晴朗 (1997). 循環濾過方式によるオニオコゼおよびトラフグ養魚技術の開発-窒素排泄量,適正収容密度,好適水温の解明および飼育試験-. 電力中央研究所報告 U96042.
岩田仲弘・菊池弘太郎・古田岳志 (1995). ヒラメ稚魚の無眼側黒化に対する飼育環境の影響. 電力中央研究所報告 U95002.
Kotaro Kikuchi, Tomonori Sato, Nakahiro Iwata, Isamu Sakaguchi, Yoshiaki Deguchi (1995). Effect of temperature on nitrogenous excretion of Japanese flounder. Fisheries Science, 61 : 604-607.
Nakahiro Iwata, Kotaro Kikuchi, Hisashi Kurokura (1995). Growth of the Japanese flounder Paralichthys olivaceus at different temperatures. The Israeli Journal of Aquaculture, 47 : 178-184.
岩田仲弘・菊池弘太郎・古田岳志 (1994). ヒラメの成育促進技術の開発4.ヒラメの成長に与える水温の影響. 電力中央研究所報告 U94017.
古田岳志・本田晴朗・菊池弘太郎・岩田仲弘・清野通康 (1994). ワクチンによる魚病予防技術の開発1.ヒラメにおけるエリザ法の適用とワクチン投与の有効性. 電力中央研究所報告 U94011.
菊池弘太郎・岩田仲弘・本田晴朗 (1993). ヒラメの成育促進技術の開発2.種苗の産地と成長. 電力中央研究所報告 U93026.
本田晴朗・菊池弘太郎・岩田仲弘 (1991). ヒラメの高密度飼育技術の開発. 電力中央研究所報告 U91013.
武田重信・本田晴朗・菊池弘太郎・岩田仲弘・清野 通康 (1990). 高能率魚類生産のための水質浄化技術の開発5.ヒラメの長期飼育時における水質変化. 電力中央研究所報告 U90042.
岩田仲弘・菊池弘太郎・武田重信・清野通康 (1990). 高能率魚類生産システムにおける高品質魚生産 1.循環濾過方式により飼育したヒラメの肉質評価. 電力中央研究所報告 U90018.
松永浩昌・岩田仲弘・黒倉 寿・平野礼次郎 (1983). アワビ属精液の凍結保存に関する研究 : 予報. 広島大学生物生産学部紀要, 22 : 135-139.
黒倉 寿・富田政勝・岩橋正雄・宮尾 誠・岩田仲弘・平野 礼次郎 (1983). ニシキゴイ精液の長期保存. 水産増殖, 32 : 148-152.
著 書
岩田 仲弘・菊池 弘太郎 (1999). III循環型養殖の展開8生物ろ過法を用いたヒラメの高密度養殖設計. 水産養殖とゼロエミッション研究 (日野 明徳・丸山 俊朗・黒倉 寿(編), 水産学シリーズ 123), 87 – 97, 恒星社厚生閣.
委員会活動
経済産業省 環境審査顧問(2019年6月~)