第1回海のフォトコンテスト優秀賞


「網代のいか干し」松元澄夫(奈良県)   撮影場所は鳥取県岩美郡岩美町です。
岩美町の網代地区では、干しいかが並ぶ様は漁港ならではの風景であり、日本海の潮風をうけながら作業する人の光景はすばらしいものです。夜には多くの漁船がいか釣りにでかけ、大変な作業をしています。
日本の伝統である干しいかが漁村の人達によって引き継がれることを願って、シャッターをきりました。
    -選評-
自然・海の恵み・人が調和して、美しく前向きな印象を受ける作品です。
逆光に透ける手前側のイカ、網かごに干されたカラストンビ、遠景に見えるイカとそれを干す女性、漁船や港等々、配置が良く、あたかも自分がその場にいて、潮風を感じている様な気分になります。 解説文にもあるように、日本の伝統的な海辺の生活や風景が今後も引き継がれていくことを願います。