プロファイル
氏 名 土田 修二(Tsuchida Shuji)  
所属/職名 中央研究所 海洋環境グループ 嘱託(非常勤)
メールアドレス tsuchida(*add @kaiseiken.or.jp)
学位の種類 博士(水産学)
専門分野/関心分野 海生動物の行動生態、温度に関する生理生態
略 歴 昭和52年3月 東海大学海洋学部水産学科 卒業
昭和52年4月 (財)海洋生物環境研究所 入所
資 格 潜水士免許, 特殊無線技士(無線電話甲), 特殊無線技士(レーダー), 四級小型船舶操縦士

プロファイル
誌上発表
Ineno T., Tamaki K., Yamada K., Kodama R., Tsuchida S., Tan E., Kinoshita S., Muto K., Yada T., Kitamura S., Asakawa S., Watabe S. (2018). Thermal tolerance of a thermally selected strain of rainbow trout Oncorhynchus mykiss and the pedigrees of its F1 and F2 generations indicated by their critical thermal maxima. Fisheries Science. 84: 671-679.
土田修二・三浦正治・瀬戸熊卓見・渡邉裕介・吉野幸恵(2018).沿岸性魚類14種の温度耐性,海生研研究報告,No.23:69-73.
土田修二(2014).海産動物の温度耐性に関する試験法の紹介,電気評論,第99巻夏季増刊号 : 50-51.
土田修二(2014).海生動物の選好忌避行動反応に関わる実験水槽(総説),海生研研究報告,No.18:3-14.
土田修二(2014).ウマヅラハギの温度選好について,海生研研究報告,No.18:31-35.
続きがあります。こちらをクリックしてください。
土田修二(2014).ホシギスの温度選好について,海生研研究報告,No.18:25-29.
伊藤康男・劉海金・高久浩・土田修二(2014).化学物質に対するサケ稚魚の忌避行動の解析,海生研研究報告,No.18:15-19.
島隆夫・伊藤康男・土田修二(2014).アユ稚魚が選好する水温・塩分について,海生研研究報告,No.18:37-40.
瀬戸熊卓見・吉野幸恵・土田修二・木下秀明(2014).水温および日長制御によるシロギスの複数年にわたる周年産卵,海生研研究報告,No.19:67-72.
瀬戸熊卓見・吉野幸恵・土田修二・木下秀明(2014).シロギスの産卵終了に及ぼす日長の影響,海生研研究報告,No.19:73-78,2014
横田瑞郎・渡邉剛幸・吉川貴志・土田修二(2013).東日本太平洋側の水産物から検出された放射性物質について- 2011年9月~2012年1月の調査結果 -,海生研研究報告,No.16:11-28.
高久浩・中村幸雄・土田修二・木下秀明・山田久(2009).毒性試験用シオダマリミジンコTigriopus japonicus の小型容器による飼育および繁殖.海生研研究報告,12:9-24.
土田修二(2005).魚の好む温度. 月刊アクアネット, 12: 46-49.
Ineno, T., Tsuchida, S., Kanda, M. and Watabe, S. (2005). Thermal tolerance of a rainbow trout Oncorhynchus mykiss strain selected by high-temperature breeding. Fisheries Sci., 71: 767-775.
三浦雅大・山本正之・土田修二(2005).海水温上昇が及ぼす魚類の行動変化の予測.沿岸海洋, 42(2):133-139.
土田修二(2002).沿岸性魚類の温度選好に関する実験的研究. 海生研研究報告, No.4: 11-66.
Kita J., Tsuchida S., and Setoguma T. (1996).Temperature preference and tolerance, and oxygen consumption of the marbled rockfish, Sebastiscus marmoratus. Mar. Biol. 125: 467-471.
口頭・ポスター発表、講演
Kikkawa, T., Itoh, T., Tsuchida, S., Takaku, H. and Hori, H. (2009) Hexavalent chromium toxicity test for the whole life of the marine harpacticoid copepod Tigriopus japonicus. 14th International Symposium on Toxicity Assessment (Metz, France).
伊藤康男・高久浩・吉川貴志・土田修二・中村幸雄・木下秀明(2008)シオダマリミジンコを用いた慢性影響試験法の開発.第14回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会,文部科学省研究交流センター.
Kido K. and S. Tsuchida (2003)  The final preferendum as an indicator of optimum rearing temperature of marine fishes. 中国水産科学院2003’ International Forum.
Tsuchida S.(1994)The relationship between upper temperature tolerance and final preferendum of Japanese marine fish. Joint meeting of the British Ecological Society and the Society for Experimental Biology.