プロファイル
氏 名 石田 洋(Ishida Hiroshi)
所属/職名 実証試験場 応用生態グループ 総括研究員
メールアドレス h-ishida(*add @kaiseiken.or.jp)
学位の種類 農学修士、環境学博士
専門分野/関心分野 外洋基礎生産、海洋生態系、海洋長期傾向、海洋環境調査技術、水産増養殖
略 歴 平成3年3月 近畿大学大学院農学研究科水産学修士課程 修了
平成3年4月 株式会社環境総合テクノス 入社
平成30年2月 名古屋大学大学院環境学研究科博士号 取得
平成30年4月 公益財団法人海洋生物環境研究所 入所
資 格 技術士(水産部門)、技術士補(環境部門)、 水路測量士(沿岸2級)、小型船舶操縦士(2級)、海上特殊無線技士(1級)、職長等安全衛生教育、潜水士、港湾海洋調査士補、警戒船業務・管理者、フォークリフト運転者、床上操作式・小型移動式クレーン運転技能者、玉掛技能者 、 はい作業主任者、ガス溶接作業主任者、アーク溶接[特別教育]、研削といしの取替え等[特別教育]、有機溶剤作業主任者  
所属学会 日本海洋学会  
趣 味 魚釣り、川上り下り、DIY、サイレントギター  

プロファイル
誌上発表
石田洋、古澤一思、牧野高志、石坂丞二、渡邉豊 (2016). 西部北太平洋亜熱帯海域における台風の影響を受けた可能性のある植物プランクトン群集組成と沈降粒子, 海の研究(Oceanography in Japan),25(2),17-41.
Ishida, H., L. G Golmen, J. M. West, M. Krüger, P. Coombs, J. A. Berge, T. Fukuhara, M. Magi and J. Kita (2013). Effects of CO2 on benthic biota: An in situ benthic chamber experiment in Storfjorden (Norway), MARINE POLLUTION BULLETIN.
Ishida, H., Y. W. Watanabe, J. Ishizaka, T. Nakano and N. Nagai, Y. Watanabe , A. Shimamoto, N. Maeda and M. Magi (2009). Posibility of recent changes of vertical distribution and size composition of chlorophyll-a in the western North Pacific region, Journal of Oceanography, 65, 179-186.
石田 洋、渡辺雄二、白山義久 (2008). ベンチックチャンバーによる深海ベントス群集へのCO2影響, 海洋理工学会誌, Vol.14, No.1, 73 – 80.
Ishida, H., Y. Watanabe, T. Fukuhara, S. Kaneko, K. Furusawa and Y. Shirayama (2005). In situ enclosure experiment using benthic chamber system to assess the effect of high concentration of CO2 on deep-sea benthic communities, Journal of Oceanography, 61, 835-843.
口頭・ポスター発表、講演
山本祥一郎、生野元昭、石田洋、宮田祥史、松見健、安倍大介(2015). 栃木県中禅寺湖の底泥に確認された放射性セシウムの空間分布, 平成27年度日本水産学界春季大会
石田洋、牧野高志、古澤一思、石坂丞二、渡邉豊、渡辺雄二、喜田潤 (2013). 西部北太平洋亜熱帯海域における台風通過後の植物プランクトン群集組成, 平成25年度日本海洋学会秋季大会
Ishida, H., Y. Onishi, T. Miwa, T. Yamazaki, Y. Shirayama, T. Toyohara, N. Okamoto, T. Kodama (2012). Environmental baseline survey for mining of the Sea-Floor Massive Sulfide (SMS) areas around Japanese islands. Proceedings of the ASME 2012 31th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (Rio de Janeiro, Brazil)
Ishida, H., N. Maeda, T. Miwa, T. Yamazaki, Y. Shirayama, T. Toyohara, N. Okamoto, T. Kodama (2011). Characteristics of the environment around a massive sea-floor sulfide area in the Okinawa Trough. Proceedings of the ASME 2011 30th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering (Rotterdam, The Netherlands)
Ishida H., Y. Watanabe, M. Magi, Y. Shirayama (2008). In situ enclosure experiment device for assessing deep-sea ecosystems with high CO2 concentrations, Second Symposium on the Ocean in a High-CO2 World (Monaco)
著 書
紀本英志、江頭毅、木下勝元、石田洋、福原達雄、河野裕美、水谷晃、崎原健(2011). 西表島網取湾におけるpHセンサの実証試験, 東海大沖縄地域研究センター所報, 71-76.
石田洋、前田亘宏、山崎哲生、白山義久 (2010). 海底熱水鉱床周辺の環境特性について_伊是名海穴を中心として, 海洋と生物(生物研究社), 191, Vol.32-No.6.
渡辺雄二、石田洋、喜田潤、吉川貴志、三戸彩絵子、竹内和久、白山義久(2007). CO2海洋隔離による海洋生物個体群・生態系への影響, 月刊海洋, Vol.39, No.6, 397-401.
岸靖之、渡辺雄二、石田洋、中田喜三郎(2007). 深海生態系モデルの構築、月刊海洋 Vol.39, No.6, 389-396
石田洋、渡辺豊、石坂丞ニ、渡辺雄二、播本孝史、坪田博行(2003). 西部北太平洋におけるクロロフィルaの長期変動の検出の試み, 月刊海洋, Vol. 35, No.1, 25-31.
受 賞
2011年度日本海洋学会日高論文賞