プロファイル
氏 名 池上 隆仁(Ikenoue Takahito)
所属/職名 中央研究所 海洋環境グループ 研究員
メールアドレス ikenoue(*add @kaiseiken.or.jp)
学位の種類 博士(理学)
専門分野/関心分野 生物海洋学、古海洋学、微古生物学、環境放射能学
略 歴 平成18年3月 福岡県立修猷館高校 卒業
平成20年3月 九州大学 理学部地球惑星科学科 卒業
平成22年3月 九州大学大学院理学府地球惑星科学専攻修士課程 修了
平成25年3月 九州大学大学院理学府地球惑星科学専攻博士課程 修了
平成25年4月 (独)海洋研究開発機構 外来研究員(~平成26年3月 )
平成25年5月 オスロ大学地質博物館 外来研究員(~平成25年11月)
平成26年4月 (公財)海洋生物環境研究所 入所
所属学会 American Geophysical Union, 日本海洋学会, 日本海洋学会教育問題研究会, 日本プランクトン学会, 日本地球惑星科学連合, 地球環境史学会, 北極環境研究コンソーシアム, 日本サイエンスビジュアリゼーション研究会
趣 味 美術鑑賞、読書、鉱物採集
その他 岩手生まれ, 埼玉育ち, 青春の地は福岡.
海洋沈降粒子中の生物起源粒子および海底堆積物中のプランクトン化石から現代および過去の気候・環境変動を復元する研究を行っています. 海生研に入所してからは環境放射能分野の研究にも取り組んでいます。

個人ホームページ紹介
http://researchmap.jp/ikesun/
http://www.researchgate.net/profile/Takahito_Ikenoue/

【競争的資金の研究課題】
◆南北両極域のケイ質殻プランクトンがケイ素循環に果たす役割の解明
  日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)【研究代表者】
  https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-17K00539/
◆大型単細胞真核生物フェオダリアが炭素・ケイ素循環に果たす役割の定量評価:2014-2016年西部北太平洋における時系列フラックス変動
  日本科学協会:笹川科学研究助成【研究代表者】
  https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/old/29.html
◆放散虫骨格構造の水平分布に基づく北極海環境指標の探求
  日本学術振興会:科学研究費補助金 若手研究B【研究代表者】
  http://kaken.nii.ac.jp/d/p/26740006.ja.html
◆フェオダリアは海洋炭素循環にどれだけの貢献をしているか?
  日本学術振興会:科学研究費補助金特別研究員奨励費【研究代表者】
  http://kaken.nii.ac.jp/d/p/12J04155.ja.html

【国等からの受託研究課題】
平成26〜29年度:放射性物質影響調査推進委託事業(水産庁委託)
平成26〜31年度:海洋環境における放射能調査及び総合評価(原子力規制庁委託)

 

プロファイル
誌上発表
Ikenoue, T., Bjørklund, K. R., Fujiwara, A., Uchimiya, M., Kimoto, K., Harada, N., Nishino, S. (2019). Horizontal and vertical distribution of polycystine radiolarians in the western Arctic Ocean during the late summers of 2013 and 2015. Polar Biology, 42(2), 285-305.
Ikenoue, T., Ishii, N., Kusakabe, M., Takata, H. (2018). Contribution of 137Cs-enriched particles to radiocesium concentrations in seafloor sediment: Reconnaissance experiment. PloS one, 13(9), e0204289.
Ikenoue, T., Takata, H., Kusakabe, M., Kudo, N., Hasegawa, K., Ishimaru, T. (2017). Temporal variation of cesium isotope concentrations and atom ratios in zooplankton in the Pacific off the east coast of Japan. Scientific Reports, 7, 39874; doi: 10.1038/srep39874.
Ikenoue, T., Okazaki, Y., Takahashi, K. (2016). Bering Sea radiolarian biostratigraphy and paleoceanography at IODP Site U1341 during the last four million years. Deep-Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanography, 125-126, 38-55.
Ikenoue, T., Bjørklund, K. R., Dumitrica, P., Krabberød, A. K., Kimoto, K., Matsuno, K., Harada, N. (2016). Two new living Entactinaria (Radiolaria) species from the Arctic province: Joergensenium arcticum n. sp. and Joergensenium clevei n. sp.. Marine Micropaleontology, 124, 75-94.
口頭・ポスター発表、講演
池上 隆仁, 木元 克典, 岡崎 裕典, 佐藤 都, 本多 牧生, 高橋 孝三, 原田 尚美, 藤木徹⼀ (2019). 大型海洋沈降粒子が深層への有機炭素輸送に果たす役割の定量評価, 東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会 白鳳丸周年記念世界⼀周航海(HEAW30)へ向けた研究戦略会議, セッションE:南大洋インド洋区, 口頭発表.
Ikenoue, T., Kimoto, K., Nakamura Y., Kuramoto, N., Ueki, M., Ota, Y., Bjørklund, K. R., Onodera, J., Harada, N. (2018). Quantitative determination of silica content in siliceous shell plankton using Microfocus X-ray CT, The Ninth Symposium on Polar Science, Session: [ID] Polar science developed by leading-edge analytical technology ~Beyond the micro meters and micro grams~, oral presentation (Invited).
Ikenoue, T., Kimoto, K., Onodera, J., Bjørklund, K. R., Watanabe, E., Makio C. Honda, M. C., Harada, N., Itoh, M., Nishino, S., Kikuchi, T. (2017). A new approach to partition the biogenic silica production using Microfocus X-ray CT: radiolarian silica flux in the Chukchi Borderland, The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists, Special Symposium II (Session 3 Biology and Paleobiology of Shelled Protista), O03-07, oral presentation.
Ikenoue, T. (2016). An exploration of environmental indices based on seasonal and vertical distribution of radiolarians in the Arctic Ocean through collaborative research with Norway, Japan-Norway Arctic Science and Innovation Week 2016 (ASIW2016), session 2, oral presentation.
Ikenoue, T., Bjørklund, K. R., Kruglikova, S. B., Onodera, J., Kimoto, K., Harada, N. (2015). Seasonal and annual flux changes of radiolaria under the seasonally sea-ice covered conditions in the western Arctic Ocean, The 14th Meeting of the International Association of Radiolarists, Oral Session 9 (S-5. Biological and Ecological Characteristics of Recent Radiolarians), 26, oral presentation.
続きがあります。こちらをクリックしてください。
池上隆仁, 高橋孝三, 田中聖二, ベーリング海および中部北太平洋亜寒帯における過去15年間のレディオラリア時系列フラックス変動とその環境要因, 日本地球惑星科学連合2010 年大会, ACG032-17, 幕張メッセ, 2010年5月26日,口頭発表.
池上隆仁, 高橋孝三, 田中聖二, 大西広二, 簗田満, ベーリング海および中部北太平洋亜寒帯におけるレディオラリアンフラックス群集解析, 日本海洋学会春季大会, 352, 東京大学本郷キャンパス, 東京, 2009年4月8日,口頭発表.
Takahito Ikenoue, Kozo Takahashi, Shinya Iwasaki, Takuya Maesawa, Tatsuhiko Sakamoto, Radiolarian stratigraphy and paleoceanography of the Okhotsk Sea using Core YK07-12 PC3B. Korea-Japan Jointed Workshop on Paleoceanography: Global Processes and Variability, Session 1-4 , Jeju, Korea, 24 April, 2009, Oral presentation.
池上隆仁, 高橋孝三, 北太平洋高緯度縁辺海域におけるレディオラリアを用いた海洋環境復元, MRC2009-Annual Meeting of Micropaleontology Reference Center 2009, O15, 国立科学博物館新宿分館, 東京, 2009年3月4日,口頭発表
池上隆仁, 高橋孝三, 田中聖二, ベーリング海および中部亜寒帯太平洋におけるレディオラリア時系列フラックス変動とその要因, 2008 年度古海洋学シンポジウム, O10, 東京大学海洋研究所, 東京, 2009年1月8日,口頭発表.
Takahito Ikenoue, Kozo Takahashi, Seiji Tanaka, Seasonal flux changes of radiolarians in the Bering Sea and the central subarctic Pacific, Frontier Researchers’Symposium: Paleoenvironmental Reconstruction and Material Circuration by Water system, Session 2-7, Kyushu University, Fukuoka, 23 December, 2008, Oral presentation.
池上隆仁, 岡崎裕典, 高橋孝三, ベーリング海 IODP Exp 323 Site U1341 における鮮新世〜更新世の放散虫化石層序, 第11 回放散虫研究集会, P-11, 愛媛大学, 松山, 2011年10月29日,ポスター発表.
Takahito Ikenoue, Yusuke Okazaki, Kozo Takahashi, Pliocene to Pleistocene radiolarian biostratigraphy at IODP Site U1341 in the Bering Sea, IODP Expedition 323: Bering Sea Paleoceanography 2nd Postcruise Meeting, No. 20, Salamanca, Spain, 19-20 September, 2011, Abstracts volume and meeting program, 53-56, Poster presentation.
Takahito Ikenoue, Kozo Takahashi, Seiji Tanaka, Seasonal flux changes of radiolarians at Station K2 in the Western Subarctic Gyre, JSPS日仏二国間交流事業 Radiolarian Biology based on Paleoceanography Workshop-RABOPAWOR-, P-6, Kyushu University, Fukuoka, 12-13 November, 2009, Poster presentation.
Takahito Ikenoue, Kozo Takahashi, Seiji Tanaka, Environmental conditions assessed from sediment trapped radiolarians in the Bering Sea and the central subarctic Pacific, InterRad 12 (The 12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists) , Session 2 , Nanjing, China, 15 September, 2009, Poster presentation.
池上隆仁, 本多牧生, 高橋孝三, 西部亜寒帯循環内における放散虫群集の季節変動, 2007年度古海洋学シンポジウム, 東京大学海洋研究所, 東京, 2008年1月7日,ポスター発表
学会活動
日本海洋学会海洋環境問題研究会