プロファイル
氏 名 原 猛也(Hara Takeya)
所属/職名 中央研究所 コーディネーター
メールアドレス hara(*add @kaiseiken.or.jp)
専門分野/関心分野 水産資源学/生物汚損防止技術
略 歴 昭和52年3月 北海道大学水産学部漁業学科 卒業
昭和52年4月 (財)海洋生物環境研究所 入所
所属学会 日本水産学会,水産海洋学会,日本付着生物学会
その他 平成22年9月~ 中央研究所長
平成24年8月~ 現職

プロファイル
誌上発表
原 猛也・藤澤俊郎・山田 裕・青山善一・杉島英樹・小林 努(2005).二酸化塩素が海生生物に与える影響の予備的検討.海生研研報.8:11-17
原 猛也・山田 裕・青山善一・杉島英樹・藤澤俊郎(2005). 発電所の取水影響と付着生物. Sessile Organisms, 22(2):35-45.
口頭・ポスター発表、講演
Hara, T.(2009).The history of reusing the thermal effluent for fisheries in Japan., The 1st. Symposium of Green Energy & Blue Revolution., in Korea.
北里大学海洋生命科学部特別講義講師:平成25年11月
著 書
原 猛也・能勢健嗣(1994).Ⅵ-6.温排水,現代の水産学,恒星社厚生閣,東京.
原 猛也(1998).第4節漁場環境の保全(6)温排水,沿岸の環境圏,フジテクノシステム,東京.
委員会活動
千葉県内水面漁場管理委員会委員:平成24年度~
福島県廃炉安全監視協議会専門委員:平成25年度~
福島県楢葉町原子力施設監視委員会委員:平成26年度~
学会活動
日本付着生物学会運営委員:平成14~