プロファイル
氏 名 道津 光生(Dotsu Kosei)
所属/職名 中央研究所 海洋環境グループ 嘱託(非常勤)
メールアドレス dotsu(*add @kaiseiken.or.jp)
学位の種類 学術博士
専門分野/関心分野 底生生物生態学
環境アセスメント
略 歴 昭和52年3月 九州大学農学部水産学科 卒業
昭和52年4月 (財)海洋生物環境研究所 入所
資 格 潜水士
所属学会 日本海洋学会(沿岸海洋研究会),日本水産増殖学会
その他 平成16年9月 三重大学にて学位取得(学術博士)  

プロファイル
誌上発表
道津光生(2004).海岸構造物による岩礁域生物の生息場の造成-北海道南西部沿岸における海藻と藻食動物の共存をめざして-.三重大学大学院博士論文.128pp.
Dotsu,K.,H.Nomura,M.Ohta and M.Kashiwagi (2004).A comparison of the sea urchin Strongylocentrotus nudus in two habitats, a kelp bed and its adjacent coralline flat. Suisanzoshoku, 52(3):215-219.
道津光生・太田雅隆・益原寛文 (2002).長崎県松島周辺の海藻植生に及ぼすガンガゼ類の食圧の影響について.海生研報告,No.4:1-10.
道津光生・野村浩貴・太田雅隆・岩倉祐二 (1999).北海道南西部沿岸の磯焼け海域におけるホソメコンブ群落の形成要因について.日水誌,65(2):216-222.
道津光生・太田雅隆・斉藤二郎・山下和則 (1997).海岸構造物上におけるキタムラサキウニの分布密度と波浪との関係.水産増殖,45(4):445-450.
続きがあります。こちらをクリックしてください。
道津光生・太田雅隆・高久 浩・中尾 毅(2014).岩礁域潮間帯におけるベルトトランセクト目視調査と広域目視調査による生物出現種数の比較.海生研報告,No.19:63-66.
道津光生・野村浩貴・太田雅隆・斉藤二郎 (2012). ダイバーとウニ篭によるウニ除去作業について-北海道南西部沿岸における調査例-. 海生研報告, No.15 : 63-69.
道津光生・三浦正治・太田雅隆・山田一之 (2010). 長崎県志々伎湾に分布する大型海藻類の形状と葉上動物相との関係. 海生研報告, No.13 : 51-60.
三浦正治・野村浩貴・松本正喜・道津光生 (2010). 海藻類4種の生息場適正指数モデル. 海生研報告, No.13 : 1-50.
道津光生 (2006). 海岸構造物による岩礁域生物の生息場の造成-北海道南西部沿岸における海藻と藻食動物の共存をめざして-. 海生研報告, No.9 : 1-46.
道津光生・佐々木晴敏 (2005). 電気牧柵藻礁におけるキタムラサキウニの行動に関する基礎実験. 海生研報告, No.8 : 1-10.
道津光生・野村浩貴・太田雅隆 (2002).海岸構造物による岩礁域生物の生息場の造成. 沿岸海洋研究, 39(2) : 125-134.
野村浩貴・道津光生・太田雅隆・上田重貴・岩倉祐二 (2001). 北海道南西部沿岸における潮下帯海藻および底生動物群集の季節的変遷. 海生研報告, No.4 : 1-12.
Dotsu, K., H. Nomura and M. Ohta (1999). Coastal structure design based on sea urchin ecology. Proc. 2nd joint meeting of the coastal environmental science and technology (CEST) panel of UJNR, 185-193.
道津光生・野村浩貴・太田雅隆・斉藤二郎 (1998). 北海道南西部沿岸域の磯焼け海域に形成されるホソメコンブ群落(予報). 海生研報告, (98101) : 16pp.
道津光生・太田雅隆・斉藤二郎 (1996). 海岸構造物における生物的検討−I. 発電所海岸構造物における岩礁性動植物の生息場効果とその活用. 沿岸海洋研究, 33(2) : 123-131.
林 周・道津光生・太田雅隆 (1995). 耳石によるカサゴの年齢査定における横断面法と表面法の信頼性の比較. 日本水産学会誌, 61(1) : 1-5.
道津光生・城戸勝利・伊藤康男 (1992). 福島県沿岸砂浜海域のマクロベントスの分布と生息環境. 日水誌, 58(8) : 1411-1418.
道津光生・木下秀明 (1988). ハマグリの卵・幼生および稚貝の高温耐性. 海生研報告, (88201) : 23pp.
道津光生・木下秀明 (1985). メカイアワビの卵に及ぼす温度の影響. 海生研報告, (85201) : 16pp.
口頭・ポスター発表、講演
「海生生物に関する予測評価モデルの概要-予測・評価ツールとしてのHSIモデル」,平成22年度水産学会みにシンポジウム,沿岸海域の生物に関する定量的予測評価(2010年).
「海岸構造物における藻場の形成・維持技術」,農林水産業技術開発・食料産業クラスター形成促進フェア(2005年12月).
「海岸構造物による岩礁域生物の生息場の造成」,沿岸海洋学会シンポジウム,海岸・河口域における環境修復・造成技術の現状と問題点(2001).
「Coastal structure design based on a sea urchin ecology」,The 2nd joint meeting of the coastal environmental science and technology panel of UJNR(Oct.,2000).
「海岸との共生・生物的環境に視点をおいて」,環境共生・循環とエネルギー土木(1999年10月),土木学会エネルギー土木委員会
続きがあります。こちらをクリックしてください。
道津光生・野村浩貴・太田雅隆 (2001). 海中構造物による岩礁域生物の生息場の造成. 海生研創立25周年記念研究成果報告会.
道津光生・野村浩貴・太田雅隆 (1998). 電極板を装備したアワビ保育施設を利用したコンブ増殖試験. 平成10年度 水産学会秋季大会.
野村浩貴・太田雅隆・道津光生・上田重貴 (1996). 北海道南西部地先におけるホソメコンブの生産量. 平成10年度 水産学会秋季大会.
道津光生 (1996). ウニ類の生態を考慮した海岸構造物. 海生研20周年記念報告会.
太田雅隆・道津光生・野村浩貴・上田重貴・相内雄大 (1996). 北海道西岸の磯焼け場とホソメコンブ群落中におけるコンブ遊走子量. 平成8年度 水産学会秋季大会.
道津光生・野村浩貴・太田雅隆・岩倉祐二・山下和則 (1996). 北海道西岸の磯焼け場とホソメコンブ場におけるキタムラサキウニの分布と波浪との関係. 平成8年度 水産学会秋季大会.
道津光生・太田雅隆・斉藤二郎 (1995). 海岸構造物における生物的検討-1 発電所海岸構造物における岩礁性動植物の生息場効果とその活用. 沿岸海洋学会シンポジウム「海域エコテクノロジーの現状と将来課題」
太田雅隆・道津光生・斉藤二郎 (1992). 海岸構造物上におけるウニ類の分布について. 平成4年度 水産学会秋季大会.
道津光生・太田雅隆・益原寛文 (1992). 海藻植生に及ぼすガンガゼの影響について.平成4年度 水産学会秋季大会.
道津光生・太田雅隆 (1987). 山口県柳井湾におけるアマモの現存量. 昭和62年度 水産学会秋季大会.
太田雅隆・道津光生 (1987). 山口県柳井湾におけるアマモの季節的消長. 昭和62年度 水産学会秋季大会.
道津光生・城戸勝利 (1987). 外海砂浜域の環境要因とマクロベントス相について-Ⅱ 福島県双葉周辺海域のマクロベントスの分布構造. 昭和62年度 水産学会春季大会.
城戸勝利・伊藤康男・道津光生 (1987). 外海砂浜域の環境要因とマクロベントス相について-Ⅰ 福島県双葉周辺海域における底質指標間の相互関係. 昭和62年度 水産学会春季大会.
伊藤康男・木下秀明・道津光生・城戸勝利・古川厚 (1982). 水生生物の温度耐性-Ⅴ マダイ卵及びスズキ卵の発生過程におけるATP含量の変化. 昭和57年度 水産学会秋季大会.
木下秀明・道津光生・古川 厚 (1982). 水生生物の温度耐性-Ⅳ 初期発生過程における高温耐性の変化についての一考察. 昭和57年度 水産学会春季大会.